高田明(ジャパネットたかた)の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

高田明(たかた あきら)

 

 

1948113日生

身長178

 

長崎県出身の実業家

ジャパネットたかたの創業者で初代社長

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの次男で、兄と弟、妹がいる。

 

当初は阪村機械製作所に入社して、貿易部などに所属。

 

1974年から実家のカメラ店「カメラのたかた」を手伝う。

 

1986年に独立して佐世保市にジャパネットたかたの前身である「株式会社たかた」を設立。

 

 

19903月からラジオショッピングに進出。

 

1996年にはテレビショッピングにも進出する。

 

 

19995月に社名を「ジャパネットたかた」に変更。

 

201012月期に過去最高の売上高1,789億円を記録した。

 

20151月に代表取締役社長の座を、長男の高田旭人氏に譲った。

 

 

妻はジャパネットたかたの元副社長で、子供は3人いる。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長崎県 猶興館高校 普通科 偏差値48(やや容易・現在)

 

高田明さんの出身校は、県立の共学校の猶興館(ゆうこうかん)高校です。

 

同校は1880年開校の伝統校です。

 

高田さんは平戸市立平戸中学校から同校に進学しています。

 

少年時代はガキ大将で、よく喧嘩をしたと語っています。

 

また子供の頃から歌が好きで、高校の文化祭では学年の代表としてステージで歌を披露しています。

 

高校時代は非常に真面目な生徒で、校則で決められたことは絶対に守っていたということです。

 

(高校時代・右)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:大阪経済大学 経済学部 偏差値45(容易)

 



 

高田明さんは高校卒業後は、大阪経済大学に進学しています。

 

経済学部に在籍する傍ら、英語研究会に入会して熱心に英語を勉強しています。

 

卒業後は機械メーカーに就職しますが、3年で退職して友人と翻訳の会社を立ち上げようとしましたが実現しませんでした。

 

そのため実家の家業を手伝いながら、30歳で独立。

 

38歳の時にジャパネットたかたの前身会社を立ち上げて、42歳でラジオ通販をはじめると売り上げは4倍にも伸びました。

 

その後の活躍は周知の通りで、「ジャパネットたかた テレビショッピング」はテレビ通販の草分け的な番組として知られています。

 

また長年にわたって社長自ら番組に出演しており、お茶の間でもお馴染みの存在です。

 

ジャパネットたかたの社長は辞任していますが、未だにテレビ番組への出演や講演活動など精力的におこなっています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ