塚原光男&塚原千恵子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

塚原光男(つかはら みつお)

 

 

19471222日生

身長166

 

東京都出身の元体操選手、日本体操連盟副会長

 

塚原千恵子(つかはら ちえこ)

 

 

1947812日生

身長155

 

長崎県出身の元体操選手、日本体操連盟女子強化部長

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

(塚原光男)

 

1968年メキシコオリンピック団体総合金メダル、個人総合18位。

 

1972年ミュンヘンオリンピック団体総合、鉄棒金メダル、つり輪銅メダル、個人総合8位。

 

1976年モントリオールオリンピック団体総合、鉄棒金メダル、跳馬銀メダル、個人総合、平行棒銅メダル。

 

 

引退後は指導者になって、朝日生命体操クラブを運営。

 

2012年のロンドンオリンピック日本選手団の総監督を務める。

 

2013年の参議院議員選挙に自民党から比例代表候補として出馬して落選。

 

(塚原千恵子)

 

1967年ユニバーシアード女子団体金メダル。

 

1968年メキシコオリンピック女子団体4位、個人総合19位。

 

1972年に現役引退して塚原光男と結婚。

 

以降は指導者となって朝日生命体操クラブ女子チーム監督。

 

塚原光男の学歴

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:東京都 北区立神谷中学校

 

出身高校:東京都 国学院高校 偏差値65(現在・難関)

 

出身大学:日本体育大学 体育学部 偏差値48(現在・やや容易)

 

塚原光男さんの出身校は、私立の共学校の国学院高校です。

 

現在の同校は偏差値が上昇して難関校ですが、塚原さんが在籍時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

北区立神谷中学校に入学して「たまたま体操部があった」ことが体操選手となったきっかけです。

 

大学は体操の名門の日体大に進学し、大学3年生で出場したメキシコオリンピックの団体総合で金メダルを獲得しています。

 

以降も3大会連続でオリンピックに出場し、跳馬の「ツカハラ跳び」や「月面宙返り(ムーンサルト)などの新技を開発して大活躍しています。

 

塚原千恵子の学歴

 

出身中学校:不明

 

出身高校:長崎西高校 普通科 偏差値67(現在・難関)

 

出身大学:日本体育大学 体育学部 偏差値48(現在・やや容易)

 

塚原千恵子さんの出身校は、県立の共学校の長崎西高校です。

 

同校は1948年に長崎高校や長崎女子高校などを統合して誕生した高校で、当時から進学校として知られていました。

 

塚原さんは同校の体操部に所属しており、卒業後は日体大に進学。

 

大学3年生の時にはメキシコオリンピックに出場していますが、女子団体で4位と惜しくもメダルには届きませんでした。

 

夫の塚原光男さんとは日体大の同期で、25歳の時に現役引退して結婚しています。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ