ブルゾンちえみの学歴|大学高校や中学校の偏差値と高校時代

ブルゾンちえみ

 

ブルゾン

 

199083日生

身長155

 

岡山県出身のお笑いタレント

本名は藤原史織

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と妹。

 

もともとは歌手志望で2013年にワタナベエンターテインメントカレッジに入学するが、入学後にお笑い芸人を目指す。

 

20171月の「ぐるナイ」のSP番組「おもしろ荘」に出演をきっかけに、一気にテレビでの露出が増える。

 

 

その後は「行列のできる法律相談所」や「嵐にしやがれ」などの人気番組にも出演し、WITH B(ブリリアン)を従えるネタでブレイク。

 

 

同年のR-1ぐらんぷりでは初の決勝進出を果たす。

 

またドラマ「人は見かけが100%」で女優デビュー。

 

 

2017年8月には24時間テレビのマラソンランナーを務めた。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:岡山市立平島小学校

 

 

出身中学校:岡山市立上道(じょうとう)中学校

 

 

ブルゾンちえみさんの出身小学校・中学校は、いずれも地元の岡山市内の公立校です。父親が小学校の教員をしており、

 

祖母も幼稚園の教員をしていた家庭に育っています。

 

小学校・中学時代はともにクラスの盛り上げ役で、小学生時代から同級生とコンビを組んで校内でネタを披露していました。

 

(小学1年生の頃)

 

父親が小学校の教頭で陸上部の顧問を務めていたことから、小学校5年生から陸上クラブで長距離走をはじめています。

 

中学生時代も陸上に入部して、長距離走に取り組んでいます。

 

当時はボーイッシュな髪型で長距離走をやっていたので、体型も瘦せ型でした。

 

 

また中学生の頃も前述のようなキャラで人気者で、かなりモテていたと同級生が証言しています。

 

しかも当時から勉強は得意でした。

 

(すっぴんの中学時代の写真)

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岡山県 大安寺高校 偏差値60(当時・やや難関)

※現在は大安寺中等教育学校

 

 

ブルゾンちえみさんの出身校は、県立の共学校の大安寺(だいあんじ)高校です。

 

地元では古くから進学校として知られていましたが、現在は中学高校を区別せずに6年制の教育をおこなう大安寺中等教育校に再編されています。

 

高校時代も陸上部に在籍して長距離走(3000m~10000m)を担当し、特に3000mでは岡山総体で7位に入賞するほどの実力を持っていました

 

また学校の成績もトップクラスで、まさに「文武両道」をいく生徒でした。

 

高校時代は古文や漢文など国語に関する資料集である「国語便覧」を読むのが好きで、「徒然草」などを読みふけっていました。

 

そんな高校時代をブルゾンさんは「シブい高校生でしたね(笑い)、高校時代は勉強と走るってのだけやってて、ほぼ修行僧だったかもです(笑い)」と語っています。

 

なお後にバラエティー番組「行列のできる法律相談所」で高校時代の恩師と再会していますが、恩師は「かなりのがんばり屋さんだった」と語っています。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:島根大学 教育学部(中退) 偏差値50(普通)

 

 

ブルゾンちえみさんは高校卒業後は、国立大学の島根大学教育学部に進学します。

 

父親が教員をやっていたことから、教師になることを目指し同大に進学しています。

 

(大学時代)

 

しかし同大がブルゾンさんの第一志望ではなく、第一志望の大学の受験には失敗しています。

 

また同大も大学3年生の時に中退してしまっています。

 

ブルゾンさんによれば父親が教師だったことから、なんとなく教師を目指してしまい、大学3年生の頃には真剣に教師の道を目指す同級生に比べて、情熱が足りないと感じたからでした。

 

後に「ぴったんこカンカン」に出演した際に母校の島根大学を訪れており、研究室の教授と再会。

 

その際にブルゾンさんが「辞めたい」と申し出たときに教授は「大学を出てからでも遅くないのでは?」と諭したところ、「今しかない」と返答したことを明らかにしています。

 

ちなみにこの教授はブルゾンさんがブレイクしても、しばらくの間は本人だと気づかなかったそうです。

 

大学時代はすっぴんに近い薄化粧だったので、現在の非常に濃いメイクとの差も激しかったようです。

 

 

せっかく入学した大学を中退するにあたってはかなり悩んだらしく、ストレスで1年間で体重が40㎏から70㎏まで増えてしまいました。

 

ちなみにブルゾンさんの第一志望だった大学については明らかにしていませんが、ブログで「第一志望の大学に合格していたら地元岡山を出ることはなかったと思います」と綴っていました。

 

岡山県の大学の文系の学部で島根大学より高いレベルの学部を設置しているのは、同じく国立の岡山大学しかないことから、恐らくはこちらの大学が第一志望だったはずです。

 

岡山大学の文系の各学部の偏差値は以下の通りです。

 

教育学部(偏差値53~58)

文学部(偏差値55~57)

法学部(偏差値55)

経済学部(偏差値50)

 

その後はブルゾンさんは岡山の劇団「ひびき」を経て、兵庫県西宮市の音楽専門学校(ダンススタジオ)URIZIP入学しています。

 

このスタジオはK-POPのTWICEで活躍するMINAさんを輩出したことで知られています。

 

歌手になるために大阪で活動をはじめますが、2013年に友人がワタナベエンターテインメントカレッジを受験する際にともに上京して、入学しています。

 

当初はバラエティータレントコースに入学していますが、講師に「すぐにでもテレビに出たい」とアピールしたところ、お笑い芸人になることを勧められて路線変更しています。

 

また教師になる道を諦めて大学も中退してしまいましたが、父親をはじめとして家族は応援しており、両親はたとえ1分ネタのライブでも岡山県から東京に駆け付けるほどでした。

 

そして2017年にWITH Bを引き連れるという斬新な芸風で大ブレイクして、以降も人気芸人として多くのバラエティー番組に出演しています。

 

紆余曲折あった人生だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ