武田真一アナウンサーの学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

武田真一(たけだ しんいち)

 

 

1967915日生

身長172

 

熊本県出身のアナウンサー

NHK所属

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1990年にアナウンサーとしてNHKに入局して、同期には阿部渉アナらがいる。

 

当初は熊本放送局や松山放送局に勤務。

 

1999年に「NHKニュース」のMCに抜擢される(2006年まで)

 

 

20066月から沖縄放送局に異動したが、20084月に東京アナウンス室に復帰。

 

同月から「NHKニュース7」にMCとして出演(20173月まで)

 

2016年のNHK紅白歌合戦には総合司会として起用される。

 

 

20174月より「クローズアップ現代+」を担当。

 

 

既婚者で息子が2人いる。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:熊本高校 偏差値73(超難関)

 

武田真一さんの出身校は、県立の共学校の熊本高校です。

 

同校は1900年開校の伝統校で、古くから県内でも屈指の進学校として知られています。

 

武田さんは熊本市立帯山小学校から熊本市立西原(にしばる)中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学時代はテニス部に所属するなど、スポーツは好きだったようです。

 

意外にも高校時代はパンクロックのバンドを組んでおり、ギターを担当していました。

 

また作詞もしており、後にインタビューで「もしアナウンサーになっていなかったら?」という質問に対しては、「ロックンローラー、現実的にはコピーライター」と語っています。

 

なお後に高校時代の同級生の女性と結婚しています。

 

(学生時代)

 

【主な卒業生】

宮崎美子(タレント)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:筑波大学 第一学群社会学類 偏差値61(やや難関・当時)

 

武田真一さんは高校卒業後は、国立大学の筑波大学に進学しています。

 

同大では音楽サークルに入会して、バンド活動もしています。

 

就活時に友人の誘いでNHKを受けていますが、もともとアナウンサー志望ではなくディレクター志望で、アナウンサーとしての採用に驚いたそうです。

 

NHKに入局後は主に報道畑を歩みますが、41歳の時に「NHKニュース」のメインキャスターに抜擢されて注目を集めます。

 

以降はNHKの男性アナウンサーの中では屈指の人気を誇って、「好きなアナウンサーランキング」のTOP10の常連になるほどです。

 

まさにNHKの「ニュースの顔」とも言える人物なので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ