松田龍平の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

松田龍平(まつだ りゅうへい)

 

松田

 

198359日生

身長183

 

東京都出身の俳優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父は俳優の松田優作で、母は女優の松田美由紀、弟は俳優の松田翔平。

 

中学3年生だった1998年に映画監督の大島渚の直接のオファーにより、

映画「御法度」に主演することになる。

 

映画の演技の評価は高く、翌年に日本アカデミー賞新人賞などその年の

映画賞の新人賞を総なめにした。

 

松田2

 

2000年の「三億円事件」でテレビドラマ初出演。

 

「青い春」や「昭和歌謡大全集」、「恋の門」といった話題作の映画に主演して、

若手演技派の地位を確立。

 

 

2004年の「夜叉ヶ池」で舞台初出演。

 

その後も「長州ファイブ」や「伝染歌」、「探偵はBARにいるシリーズ」などに主演。

 

 

テレビドラマでは2013年の「まほろ駅前番外地」で地上波の連続ドラマ初主演し、

「あまちゃん」や「カルテット」などにも出演。

 

妻はモデルの太田莉菜で、子どもがひとりいる。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 普通科(中退) 偏差値42(容易)

※その後トレイトコースに転籍して中退

 

松田龍平さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

ただし松田さんは当初は同校の普通科(育英)に進学して、

後に芸能コースであるトレイトコースに転科しています。

 

杉並区立井草中学校から同校に進学しましたが、中学時代はその風貌から

かなり怖がられたといいます。

 

また2歳年下の弟の翔平さんはかなりのワルで鳴らしていたこともあって、

松田兄弟が在籍中の井草中学校は志望者が激減したという逸話も残っています。

 

また小学生から中学生にかけてはサッカーに熱中しており、横河電機のユースクラブに所属するほどの腕前でした。

 

堀越高校在籍時は、松本潤さんや中村七之助さんらと同級生で、

松本さんによれば当時からかなりハッキリと物を言う性格だったようです。

 

とは言え、高校1年生でアカデミー賞やその他の新人賞を受賞するなどの

快挙を成し遂げ、その後は映画を中心に多くの作品に主演します。

 

そのため高校に通学することの意義を見出せなくなって、後に堀越高校を

中退してしまっています。

 

その後も数多くの映画やドラマに出演して、現在では演技派俳優として

高い人気も誇ります。

 

また映画に関しては毎年のように主演作が封切られており、

今後のいっそうの活躍も期待されます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ