千葉真一の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

千葉真一(ちば しんいち)

 

 

1939122日生

身長176

 

福岡県出身(千葉県育ち)の俳優、映画監督

本名は前田禎穂(さだほ)

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの長男。

 

1959年に東映に入社。

 

1960年のテレビドラマ「新 七色仮面」で主演デビュー。

 

 

1961年の「警視庁物語 不在証明」で映画デビュー。

 

同年の「風来坊探偵」で映画初主演。

 

1963年に「男一匹生きるなら」で歌手デビュー。

 

 

1973年に出演した「仁義なき戦い 広島死闘編」の演技は各方面で高く評価された。

 

 

以降も「戦国自衛隊」や「魔界転生」、「里見八犬伝」などの主演映画が大ヒット。

 

 

海外の作品への出演も多く、「キルビル」や「ワイルドスピード」などのハリウッド映画にも出演。

 

 

元妻は女優の野際陽子で、俳優の新田真剣佑は2番目の妻の子。

 

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 木更津第一高校 偏差値6670(現在)

※現在は木更津高校

 

千葉真一さんの出身校は、県立の共学校の木更津第一高校です。

 

同校は1900年開校の伝統校で、古くから進学校として知られています。

 

千葉さんは君津市立貞元小学校から君津市立君津中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学時代から器械体操をはじめて、高校3年生で全国大会で優勝するなど、かなり有望な体操選手でした。

 

その他にも野球やバレーボール、陸上の大会に助っ人で出場しており、運動神経は万能。

 

高校時代の夢は俳優ではなく、オリンピックへの出場でした。

 

【主な卒業生】

中尾彬(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:日本体育大学 体育学部(中退) 偏差値50(現在)

 

千葉真一さんは高校卒業後は、体操の名門の日本体育大学に進学しています。

 

大学時代も体操部に在籍して、東京オリンピックの日本代表入りを目指しています。

 

しかし大学2年生の時に跳馬の着地の際に大けがを負って、体操選手を断念して大学も中退しています。

 

ところが偶然見かけた東映のニューフェイスのポスターを見て応募すると、およそ26000人の中からトップ合格を果たします。

 

俳優デビュー後も出演作が軒並みヒットして、スターへの道を上り詰めることになります。

 

また海外へ進出した日本人俳優の先駆け的な存在で、後進の俳優たちにも多大な影響を与えました。

 

現在でも精力的に活動していますので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ