黒後愛の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 黒後愛(くろご あい)

 

 

1998614日生

身長180㎝、体重70kg

 

栃木県出身のバレーボール選手

東レ・アローズ所属

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

5歳年上の姉もバレーボール選手だった。

 

小学校3年生の頃からバレーボールをはじめる。

 

 

2014年に東京オリンピックの強化選手である「TEAM CORE」のメンバーに選出される。

 

20158月の世界ユース選手権に出場し、ベストサーバーに選ばれる。

 

 

2017年に東レ・アローズに入団内定して、3月には全日本メンバーに登録される。

 

同年10月のVプレミアリーグ開幕戦でスタメン出場してデビューし、以降もチームの主力選手として活躍。

 

 

2018年にリーグの最優秀新人賞を受賞した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 下北沢成徳高校 偏差値5056

 

黒後愛さんの出身校は、私立の女子校の下北沢成徳高校です。

 

同校のバレーボール部は名門として知られ、木村沙織選手や大山加奈選手など、後に全日本代表として活躍する選手も輩出しています。

 

また同校は進学(偏差値50)、国際(同53)、特進(同56)の3つのコースを設置していますが、黒後さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

宇都宮市立若松中学校から同校へ進学していますが、スポーツ推薦での入学です。

 

中学3年生の時に全国大会に出場して、2回戦で敗戦ながらも優秀選手賞を受賞するなど、当時から逸材として注目されていました。

 

高校時代も強豪として知られる同校で1年生の時からレギュラーを獲得。

 

2年生と3年生の時には主力選手として活躍し、春高バレーを連覇しています。

 

当時はバレーボール漬けの毎日でしたが、選手として大きく成長した高校時代でした。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

黒後愛さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、Vプレミアリーグの東レ・アローズに入団しています。

 

高校時代より将来性を期待されて東京オリンピックの強化選手になるほどでしたので、高校3年生で強豪の東レ・アローズへの入団が内定しています。

 

Vプレミアリーグデビュー後も期待通りの働きを見せて、最優秀新人賞を受賞。

 

全日本でも古賀紗理那選手とともに、エース候補に名前が挙がるほどです。

 

故障などなく順調に成長をすれば、将来の日本女子バレーボール界を背負うような選手になる可能性も秘めています。

 

今後の大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ