小柳ルミ子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

小柳ルミ子(こやなぎ るみこ)

 

 

195272日生

身長160

 

福岡県出身の歌手、女優、タレント

本名は小柳留美子

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1970年に夏川るみの芸名で宝塚歌劇団からデビューするも、2か月で退団。

 

同年のNHKの朝ドラ「虹」で女優デビュー。

 

1971年に「わたしの城下町」で歌手デビューすると、同年の年間1位になるほどのヒットを記録して、レコード大賞最優秀新人賞も受賞。

 

 

同年にNHK紅白歌合戦に初出場。

 

以降も「瀬戸の花嫁」や「京のにわか雨」、「お久しぶりね」などの楽曲がヒットを記録。

 

 

1981年の「春まっしぐら!」でドラマ初主演。

 

1982年の「誘拐報道」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を、翌年の「白蛇抄」で最優秀主演女優賞を受賞。

 

 

タレントとしても活動しており、「ドリフの大爆笑」や「セイシュンの食卓」、「あの人は今!?」などのバラエティー番組にも出演。

 

 

1989年に13歳年下の大澄賢也と結婚したが、2000年に離婚した。

 

 

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:各種学校 宝塚音楽学校 超難関

 

小柳ルミ子さんは中学卒業後は、宝塚音楽学校に合格して進学します。

 

福岡市立西新小学校から私立筑紫女学園中学校(偏差値55・現在)を経て、同校に進学しています。

 

幼い時から利発で勉強もよくできた小柳さんですが、宝塚音楽学校も40倍もの倍率を突破して、上から5番目の成績で合格しています。

 

音楽学校時代も朝9時から夜10時まで学んでおり、同校を首席で卒業しています。

 

なお当時の宝塚音楽学校は高卒の資格をサポートする制度がなかったことから、小柳さんの最終学歴は「中卒」ということになります。

 

同校を卒業して宝塚歌劇団の一員としてデビューを飾りますが、初舞台のみの出演でわずか2か月間で退団しています。

 

実は宝塚音楽学校時代から歌手デビューを念頭に置いており、宝塚は歌や演技を学ぶ場に過ぎませんでした。

 

しかし以降の活躍は目覚ましく、歌手としても女優としても大成功を収めています。

 

またタレントとしても多くの番組に出演しており、未だに高い人気を誇っています。

 

末永い活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ