星野真里の学歴と経歴|出身中学高校や大学の偏差値

 

星野真里(ほしの まり)

 

 

1981727日生

156

 

埼玉県出身の女優

本名は星野真理(結婚前)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの3番目で兄、姉、弟、妹がいる。

 

7歳だった1988年から劇団に所属して子役として活動。

 

 

1995年のNHKの朝ドラ「春よ来い」と「3B組金八先生」への

出演で注目される。

 

1997年の「WHO?」でドラマ初主演。

 

1998年の「虹をつかむ男」で映画初出演。

 

2001年の「新・星の金貨」に直前で降板した

鈴木あみに代わって主演。

 

 

2005年の「さよならみどりちゃん」で映画初主演。

 

 

2007年の「サムシング・スイート」で舞台初主演。

 

以降も「ゲゲゲの女房」や「本日は大安なり」、

「シンデレラデート」などの連続ドラマに出演。

 

私生活ではTBSアナウンサーの高野貴裕と2011年に結婚し、

2015年に長女を出産している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 青山学院高等部 偏差値72(超難関)

 

星野真里さんの出身校は、私立の共学校の青山学院高等部です。

 

埼玉県の上福岡市(現ふじみ野市)出身の星野さんですが、

中学受験で青山学院中等部(偏差値71)に入学して、

内部進学で同校に進学しています。

 

中学生の頃はバレーボール部に所属するなど、運動も得意のようです。

 

小学生の頃から子役としてドラマや映画に出演していましたが、

高校生の頃には多くの作品に起用されるようになって、

高校1年生で連続ドラマに初主演しています。

 

しかし学業にもしっかり取り組んでおり、仕事と両立させるなど、

努力家で聡明な一面を見せています。

 

【主な卒業生】

高橋克典(俳優)

蓮舫(政治家)

寺島しのぶ(女優)

三田友梨佳(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:青山学院大学 文学部フランス文学科 偏差値62(やや難関)

 

星野真里さんは高校卒業後は、系列の青山学院大学に進学しています。

 

大学在学中はさらに多くの作品に出演し、「新・星の金貨」の出演

などで人気女優の仲間入りを果たしています。

 

以降もコンスタントに話題の連続ドラマに主要キャストとして出演。

 

長女を出産後はドラマのゲスト出演が中心になるなどマイペースな

活動が目立ちますが、抜群の存在感で作品を盛り上げています。

 

未だに根強い人気を誇っており、今後の活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ