日下このみの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

タレントの日下このみさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。NMB48の元メンバーの日下さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

日下このみ(くさか このみ)

 

 

1996年1月12日生

身長155.5㎝

血液型はB型

 

大阪府出身のタレント、振付師

アイドルグループ「NMB48」のメンバー

本名同じ、愛称は「このみん」

 

以下では日下このみさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

日下このみの学歴~出身高校(大阪スクールオブミュージック高等専修学校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪府 大阪スクールオブミュージック高等専修学校 偏差値なし

 

 

 

日下このみさんの出身高校は、大阪スクールオブミュージック高等専修学校です。

 

この学校は大阪スクールオブミュージック専門学校と同じ学校法人が経営する高等専修学校(専門学校の高校版)です。

 

また音楽やダンス、演技などを学びながら高校卒業の資格を取得することができます。

 

日下さんはこの学校でダンスを専門的に学んでいました。

 

在学中はこの学校内で結成されたユニット「so.on.project」のメンバーとして活動していました。

 

高校1年生だった2011年12月に、NMB48の第3期生オーディションに応募をして合格しています。

 

 

同期には太田夢莉さんや加藤夕夏さん、上枝恵美加さんや薮下柊さんらがいました。

 

ちなみにこのオーディションを受けたきっかけは、歌は苦手でしたがダンスをする環境を求めていたからだそうです。

 

日下さんは以前に乃木坂46のオーディションにも参加をしていますが、その時には落ちています。

 

翌年2012年4月には公演デビューを果たしました。

 

 

同じ年の8月に当時NMB48のメンバーだった小林莉加子さんと共に、YES-fm「NMB48のじゃんぐる♥レディOh」にて火曜日の初代パーソナリティに就任しています。

 

また日下さんは同じ年の10月にチームBII結成に伴って、研究生から正規メンバーへの昇格をしました。

 

高校生活は学業と仕事を両立する日々を送っていましたが、多くの人から自身を評価されることで頭の整理がつかずにパニック障害を発症したこともありました。

 

それでも頑張って、何とか前記の高等専修学校を卒業しています。

 

なお日下さんは高校卒業後は大学には進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

19歳だった2015年3月にリリースされたグループの11枚目シングル「ドント・ルック・バック」で、念願の選抜メンバー入りを果たしています(センターは山田菜々)。

 

 

日下さんは23歳だった2019年1月に、NMB48を卒業しています。

 

 

以降はタレントや振付師として活動しています。

 

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

日下このみの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

日下このみさんの出身中学校は不明です。

 

現時点で大阪府のどの市町村の出身者か判明しておらず、手がかりは掴めませんでした。

 

中学時代はバドミントン部に在籍をしていましたが、2回退部をしています。

 

バドミントン部では色々と出遅れることがあったため、サボってしまいその結果、険悪なムードになったこともありました。

 

大会に出場経験もありますが、強い学校が対戦相手となりボロボロにされたようです。

 

日下さんは中学3年生だった2010年に、NMB48オープニングメンバー(1期生)オーディションに応募していますが、その際には落選しています。

 

日下このみの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

日下このみさんの出身小学校は、大阪府内の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

小学2年生の頃から様々なダンスを習っており、ダンス歴についてはジャズダンス8年、ガールズヒップホップ1年、ヒップホップ1年です。

 

ダンスを習いはじめる前から振り付けに興味を持っており、当時からダンスを習うのではなく自身で作ってみたいと思っていたことを明かしています。

 

以上が日下このみさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

NMB48時代は中堅メンバーとして、長らくグループを支えてきました。

 

 

グループ卒業後はタレントや振付師として活動しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ