野沢直子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 野沢直子(のざわ なおこ)

 

 

1963329日生

身長158

 

東京都出身のお笑いタレント

本名はナオコ・オークライヤー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

叔父は声優の野沢那智、長女は格闘家の真珠オークライヤー。

 

素人参加番組「ドバドバ大爆弾」に出演したことがきっかけで、

1983年にデビュー。

 

「ひょうきん予備校」や「夕焼けニャンニャン」などの出演で

人気が上昇。

 

1984年のドラマ「気分は名探偵」で女優デビューし、

「赤胴鈴之助」などにも出演。

 

1987年から「笑っていいとも!」のレギュラーを務める

19913月まで)

 

他にも「夢で逢えたら」などの人気バラエティー番組にも

多数出演。

 

 

また歌手としてもデビューしており、4枚のシングルと

アルバムをリリースしている。

 

 

19913月にすべてのレギュラー番組を降板して渡米。

 

フランス系アメリカ人のギタリストと結婚後は、

拠点をアメリカに移して、仕事のたびに来日している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京農大第一高校 偏差値50台前半程度(当時)

 

野沢直子さんの出身校は、私立の共学校の東京農大一高です。

 

同校は現在は進学実績が向上して偏差値も65程度の難関校と

なっていますが、野沢さんの在学時は今ほど偏差値も高くは

ありませんでした。

 

渋谷区立代々木中学校から同校に進学していますが、

俳優の小沢仁志さんは中学校時代の同級生です。

 

野沢さんは高校2年生の時に母親を亡くすなどの不幸に

見舞われていますが、高校時代はアイドルになることを夢見て、

「スター誕生」などに応募しています。

 

また高校時代に所ジョージさんが司会をしていた

「ドバドバ大爆弾」に出演したことがきっかけで、

後のデビューにつながっています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

野沢直子さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

高校時代にお笑いのセンスが認められてスカウトされていますが、

父親が厳格だったことから、20歳になって成人してからの

デビューとなりました。

 

デビュー当初から出演番組に恵まれて、最盛期にはダウンタウンや

ウッチャンナンチャンと並ぶほどの人気を誇っています。

 

しかし「夢で逢えたら」で共演していたダウンタウンらの

お笑いのセンスに自信をなくして、絶頂期にすべての番組を

降板して渡米してしまいました。

 

とは言え、現在でもスポット的にバラエティー番組などに出演して、

さらには小説家としても活動。

 

多方面でマルチな才能を発揮しているので、今後にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ