萩原聖人の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

萩原聖人(はぎわら まさと)

 

 

1971821日生

身長175㎝ 体重56kg

 

神奈川県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1987年にスカウトされて芸能界入りして、ドラマ

「あぶない刑事」の端役でデビュー。

 

同年の「BUSU」で映画初出演し、「花園ラビリンス」で

舞台初出演。

 

1990年のドラマ「はいすくーる落書2」で注目される。

 

 

1994年に日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

「夏子の酒」や「若者のすべて」などの話題作の

連続ドラマの出演で人気を博す。

 

 

1995年からは雀士としても活動して、数多くの大会で優勝している。

 

ドラマや映画のほか、舞台への出演も多い。

 

またナレーションを担当することも多く、ドキュメンタリー番組や

ノンフィクション番組など数多く担当。

 

私生活では1995年に女優の和久井映見と結婚して長男をもうけるも、

20037月に離婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 戸山高校 定時制(中退) 偏差値40前後

 

萩原聖人さんが入学したのは、都立戸山高校の定時制です。

 

同校の定時制課程は2004年をもって募集を終了しており、

現在はありません。

 

萩原さんは3歳の時に両親が離婚して、父親に引き取られますが、

小学校4年生の時に他界して、父方の祖父母に育てられるなど

複雑な少年時代を過ごしています。

 

茅ヶ崎市立梅田中学校卒業に上京して同校に進学していますが、

わずか1週間で中退してしまっています。

 

しかしその後短期間アメリカに渡った際に、ニューヨークで観た

映画に感銘して俳優を志します。

 

当初は端役ばかりのスタートでしたが、地道に映画やドラマに

出演を続けると、19歳の時に出演した「はいすくーる落書2」で

注目されます。

 

以降は連続ドラマに主要キャストとして起用されはじめ、

日本アカデミー賞新人賞を受賞したこともあり、1990年代半ばには

ブレイクして人気俳優の仲間入りを果たしています。

 

その後は人気も落ち着きますが、実力派俳優として多くの作品に

出演しています。

 

現在でも多くのドラマや映画、舞台で活躍しており、

未だに根強い人気を誇ります。

 

息の長い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ