夏樹陽子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

夏樹陽子(なつき ようこ)

 

 

19521024日生

身長168

血液型はA

 

三重県伊勢市出身の女優、タレント

本名は藤井眞樹、旧芸名は藤井マキ

 

以下では夏樹陽子さんの学歴と経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

弟がいる。

 

当初はファッションモデルとして活動。

 

1977年の映画「空手バカ一代」で千葉真一のヒロイン役で女優デビュー。

 

 

同年の「新・女囚さそり 特殊房X」で映画初主演。

 

 

1978年の「白い巨塔」で連続ドラマ初レギュラー。

 

 

1981年に連続ドラマ「ザ・ハングマン」にレギュラー出演。

 

 

1985年から水曜スペシャル「女探検隊シリーズ」の隊長を務める。

 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「あばれ八州御用旅」や「渡る世間は鬼ばかり」や「マッサン」など。

 

「土曜ワイド劇場」や「金曜エンタテイメント」などの2時間ドラマへの出演も多く、「2時間ドラマの女王」の異名をとる。

 

 

2度の結婚歴と離婚歴がある。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:杉野女子短期大学 被服科 偏差値43(容易)

※現在は杉野服装大学短期大学部

 

 

夏樹陽子さんは高校卒業後は、杉野女子短期大学に進学しています。

 

この短大は東京の品川区にあり、在籍した被服科は服飾業界やアパレル業界で活躍する人材を多数養成してきました。

 

夏樹さんがこの短大に進学したのは結婚したら子供の服を作ったりしながら、週末に趣味のピアノを弾けたらいいと思ったからでした。

 

そして当時目黒駅からこの短大へ向かう道は通称「ドレメ通り」と呼ばれ、スカウトマンがファッションモデルの原石を発掘するために集まっていた場所でした。

 

夏樹さんも短大1年生の時にスカウトされて芸能界入りし、「藤井マキ」の芸名でファッションモデルとしてデビューしています。

 

またハーフっぽい目鼻立ちが整った美貌と高身長で抜群のプロポーションだったことから、瞬く間に人気モデルとなっています。

 

短大時代は女優活動はしておらず、仕事と学業の両立を果たして、短大はしっかりと卒業しています。

 

そして24歳の時に映画「空手バカ一代」で女優デビューを飾り、以降は人気女優の道を歩んでいます。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 犬山高校 偏差値43 or 47

 

 

夏樹陽子さんの出身校は、県立の共学校の犬山高校です。

 

この高校は1911年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校には普通科(偏差値47)と商業科(同43)の2つの学科が設置されていますが、夏樹さんがいずれの学科に在籍したかは不明です。

 

高校時代は音楽部に在籍して、合唱コンクールでは指揮者を務めています。

 

また当時から背が高く、日本人離れした顔立ちだったので周囲からファッションモデルになることを勧められていました。

 

そして友人が応募したファッションモデルのオーディションに出場して2位となっていますが、この際には芸能界入りしていません。

 

その他にも高校の文化祭ではオペレッタをやったことがあるそうです。

 

なお高校時代の夢はピアノの先生になることでした。

 

【主な卒業生】

森田正光(気象予報士)

森山周一郎(俳優・声優)

 

学歴~出身中学校・小学校

 

出身小学校:大阪市立平野小学校

 

 

夏樹陽子さんの出身小学校は大阪市立平野小学校です。

 

三重県の伊勢市に生まれていますが、サラリーマンだった父親は転勤が多く、3歳の時に大阪市に引っ越しています。

 

母親が音楽好きだった影響で子供の頃からピアノを習っています。

 

小学生時代は成績が優秀でした。

 

出身中学校:犬山市立犬山中学校

 

 

夏樹陽子さんの出身中学校は犬山市立犬山中学校です。

 

中学に上がるタイミングで父親が三重県に転勤になって、小俣(おばた)町に転居(現在は伊勢市)

 

そのため小俣町立小俣中学校に入学していますが、中学時代に愛知県の犬山市に転勤になって犬山中学校を卒業しています。

 

中学時代の情報はほとんどありませんが、転校したこともあって、当時はあまり友達が多くなかったとのこと。

 

以上が夏樹陽子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としてはヌードも辞さない体当たりの演技で高い人気を誇りましたし、タレントとしても多くのバラエティー番組に出演してきました。

 

既に年齢は60代に突入していますが、未だに抜群のプロポーションの持ち主として知られています。

 

根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ