桜庭ななみの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

桜庭ななみ

 

桜庭

 

19921017日生

身長162.5

 

鹿児島県出身の女優

本名は宮崎瞳

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がいる。

 

2007年にスカウトされて芸能界入り。

 

2008年のドラマ「栞と紙魚子の怪奇事件簿」で女優デビュー。

 

同年の「同級生」で映画初出演。

 

2009年の「ゴーストタウンの花」でドラマ初主演を果たし、

「ふたつのスピカ」で連続ドラマ初主演。

 

2010年にヒロインを演じた映画「最後の忠臣蔵」の演技が評価され、

日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

桜庭1

 

2011年の「サビ男サビ女」で映画初主演。

 

以降も「リミット」や「二十四の瞳」、「新ナニワ金融道」などの連続ドラマに出演。

 

他にもアニメの「サマーウォーズ」などで声優を務めている。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日本女子体育大学附属二階堂高校 偏差値40(容易)

 

桜庭ななみさんの出身校は、私立の女子校の日本女子体育大学附属二階堂高校です。

 

同校は芸能活動に寛大であることから、徐々に女性芸能人の在籍が増えている

ことで知られています。

 

女優の堀北真希さんや黒木メイサさん、土屋太鳳さんらも同校の卒業生です。

 

桜庭さんの高校時代の情報はほとんどなく詳細は不明ですが、高校1年生で

女優デビューし、高校3年生の時に出演した映画でアカデミー賞を受賞しています。

 

そのため高校時代は多数のドラマや映画に出演していることから、

仕事中心の高校生活だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

桜庭ななみさんは高校卒業後は大学などに進学せず、女優業に専念します。

 

当時はかなりの作品に起用されていましたから、進学する暇もなかったようです。

 

現在ではかつてほど主演作はありませんが、女優として活動する傍ら、

台湾や上海に語学留学も経験しており、中国語も上達してきました。

 

そのため最近では台湾のテレビドラマにゲスト主演するなど、

海外での活動も視野に入ってきました。

 

もともと演技力には定評がありますし、さらに演技や中国語を磨けば、

国際的に活躍できる女優になるかもしれません。

 

年齢的にも伸びそうなので、注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ