小林アナ(芸人)の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

小林アナ(こばやしあな)

 

 

19811218日生

身長161

 

長野県出身のお笑いタレント、元アナウンサー

本名は小林聖子

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2004年にテレビ朝日系列の新潟テレビ21にアナウンサーとして入社(20079月まで在籍)。

 

 

2008年にヒューマンアカデミー主催のオーディションに合格して、芸能事務所入りしピン芸人としての活動を開始。

 

2011年に全日本ドリフト選手権のイメージガール「D-Sign」に選ばれる。

 

 

同年のR-1ぐらんぷりで準決勝に進出。

 

以降は「ぷっすま」や「私の何がいけないの」、「水曜日のダウンタウン」などのバラエティー番組に出演。

 

 

芸人としての活動のほか、ラジオパーソナリティとしても活動している。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長野県 佐久長聖高校 偏差値64(やや難関)

 

小林アナさんの出身校は、私立の共学校の佐久長聖高校です。

 

同校は地元では進学校として知られるほか部活動も盛んで、陸上部や硬式野球部が強豪として知られています。

 

出身中学校は不明ですが、系列の佐久長聖中学校(偏差値56)か佐久市立中込中学校が有力のようです。

 

残念ながら小林アナの高校時代の情報は見当たらないことから、高校生活の詳細などは不明です。

 

ただし特技を水泳としていることから、学生時代は水泳部に入っていた可能性もあります。

 

【主な卒業生】

菊池彩花(リオ五輪パシュート金メダル)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:上智大学 外国語学部ロシア語学科 偏差値63(やや難関)

 

小林アナさんは高校卒業後は、上智大学に進学しています。

 

外国語学部に在籍してロシア語を専攻する傍ら、アナウンサーを志して東京アナウンスセミナーに通学していました。

 

大学卒業後はローカル局の新潟テレビ21にアナウンサーとして入社していますが、在職中にタレントのパンチ佐藤さんと一緒に仕事をしたことがきっかけになってお笑い芸人を目指します。

 

26歳でピン芸人に転身して、29歳の時にR-1ぐらんぷりで準決勝まで進出したことがきっかけで注目されてテレビ出演が多くなりました。

 

ところが31歳の時に乳がんが発覚して、右胸の全摘出及び再建手術を受けるという不幸を経験しています。

 

しかしこれを克服して、このところはアナウンサーの経験を活かしてラジオパーソナリティとしても活動しています。

 

異色のキャリアのお笑いタレントだけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ