早乙女太一の学歴と経歴|出身小中学校や高校の偏差値

 

早乙女太一(さおとめ たいち)

 

 

1991924日生

身長174

 

福岡県出身の俳優

本名は西村太一

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの長男で、弟(早乙女友貴)と妹がいる。

 

両親が大衆演劇に所属していたので、4歳だった1995年に初舞台を踏む。

 

その後、両親が劇団朱雀を立ち上げたので、同劇団のほとんどすべての舞台に出演。

 

2003年の「座頭市」で映画初出演。

 

 

2007年のドキュメンタリー番組「Dの劇場」への出演を機にブレイク。

 

 

以降も「あんみつ姫」や「信長協奏曲」、「HIGHLOW」などの連続ドラマに出演している。

 

 

「少年H」や「クローズEXPLORD」、「たたら侍」などの映画にも出演。

 

私生活では2013年に女優の西山茉希と結婚し、2人の娘がいる。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

早乙女太一さんは中学校卒業後は、高校に進学しませんでした。

 

両親とともに旅回りの大衆演劇の一員として活動していたので、公演中は学校の授業を2時間目で早退。

 

また多い時は年間20回ほど転校しています。

 

学校行事にもほとんど参加することができず、運動会はわずか一度のみ参加しています。

 

出身小学校は不明ですが、出身中学校はさいたま市立春野中学校のようです。

 

ただし同校にもわずか3か月程度の在籍でした。

 

中学生の時に役者一本で勝負することを決意しており、そのため高校には進学しませんでした。

 

しかし17歳の時にテレビ番組への出演をきっかけにブレイクして、「流し目王子」との異名もとりました。

 

以降は舞台のほかに、テレビドラマや映画への出演が多くなり、人気俳優の仲間入りも果たしています。

 

2015年に両親から継いだ大衆劇団が解散したので、その後は劇団EXILEや劇団☆新感線の舞台にも出演するなど、活動の幅を広げています。

 

幼少期から舞台に立っていたので俳優としての演技力は折り紙付きですから、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ