倍賞美津子の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

倍賞美津子(ばいしょう みつこ)

 

 

19461122日生

身長163

 

東京都出身の女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子で、次姉は女優の倍賞千恵子。

 

1965年に松竹歌劇団(SKD)のメンバーとしてデビュー。

 

1966年に「でも好きだった」で歌手デビュー。

 

 

1967年の「純情二重奏」で映画初出演。

 

 

1970年の「新三匹の侍」でテレビドラマ初出演。

 

1979年に出演した映画「復讐するは我にあり」の演技で、多くの演技賞を受賞して女優としての地位を確立。

 

 

1984年の「風に向かってマイウェイ」でテレビドラマ初主演。

 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は「3B組金八先生」や「龍馬伝」、「梅ちゃん先生」など。

 

 

私生活では1971年にプロレスラーのアントニオ猪木と結婚するも、1988年に離婚した。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:松竹音楽舞踏学校 偏差値なし

 

倍賞美津子さんの出身校は、松竹音楽舞踏学校です。

 

同校は「学校」の名称がついていますが、松竹歌劇団(SKD)の劇団員養成所で高校ではありません。

 

そのため倍賞さんは学歴上は「中卒」ということになります。

 

北区立滝野川第六小学校から北区立紅葉中学校を経て、同校に進学しています。

 

学歴は姉の倍賞千恵子さんとまったく同じで、既にSKDの看板女優だった姉の背中を追って同校に入学しています。

 

数か月間の実習を経て、SKDのメンバーとしてデビューすると、その年の新人賞を受賞しています。

 

また姉妹で出演した映画「純情二重奏」がきっかけで、映画に起用されるようになり、黒澤明監督や五社英雄監督の作品に多く出演しています。

 

姉と同じように演技派女優の地位を築いており、数多くのテレビドラマや映画に花を添えています。

 

加えてアントニオ猪木さんとの結婚式が、当時としては破格の「1億円結婚式」として知られ、何かと話題の多い人物でした。

 

既に年齢は70歳を超えていますが、未だに精力的に女優として活動しており、連続ドラマやSPドラマに出演しています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ