養老孟司の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

養老孟司(ようろう たけし)

 

 

19371111日生

神奈川県出身の解剖学者

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

姉がいる。

 

解剖学者として活動する傍ら、執筆活動もおこなって1989年の「からだの見方」でサントリー学芸賞を受賞。

 

1996年に映画「ガメラ2」に大学教授役で出演。

 

 

2003年に執筆した「バカの壁」はベストセラーとなって、その年の「新語・流行語大賞」も受賞。

 

 

「世界一受けたい授業」や「アウト×デラックス」、「未来世紀ジパング」など数多くのテレビ番組にも出演し、講演活動もおこなっている。

 

 

著書も非常に多く、洋書の翻訳もおこなっている。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 栄光学園高校 偏差値71(超難関・現在)

 

養老孟司さんの出身高校は、私立の男子校の栄光学園高校です。

 

同校は古くから進学校として知られ、これまで約1万人の卒業生のうち3000人以上が東京大学に進学するなど、全国的にも屈指のレベルを誇っています。

 

養老さんは鎌倉市立御成小学校から系列の栄光学園中学校(偏差値71・現在)を経て、同校に進学しています。

 

5歳の時に父親を結核で亡くしており、以降は小児科医だった母親の手で育てられています。

 

読書や昆虫採集、標本づくりが好きな無口な少年でした。

 

栄光学園中学校に入学した頃は、開校4年目の新設校でした。

 

当時は非常に校則が厳しく「ほとんど修道院か軍隊」と語っていますが、その反面で「教育を損得でやっていなかった」と同校の教育方針を高く評価しています。

 

【主な卒業生】

小柴昌俊(科学者・ノーベル物理学賞受賞)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東京大学 医学部 偏差値76(超難関)

 

養老孟司さんは高校卒業後は、東京大学に進学します。

 

医学部を卒業していますが、東大の医学部は今も昔も日本の医学部の最高峰に位置しており、並外れた学力がなければ入学できません。

 

卒業後は東大の大学院に進学して博士課程を修了し、医学博士号も取得しています。

 

以降は解剖学者として活動するとともに、執筆活動やテレビや講演への出演など、多方面で活躍してきました。

 

既に年齢は80歳を超えていますが、未だに精力的に活動しています。

 

また母校の東大からは名誉教授に任命されています。

 

ファンも多い人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ