駿河太郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

駿河太郎(するが たろう)

 

 

197865日生

身長174

 

兵庫県出身の俳優、ミュージシャン

本名同じ

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親はお笑いタレントの笑福亭鶴瓶。

 

2003年にtaro名義で「どうしてこんなに悲しいんだろう」で歌手デビュー。

 

 

その後はロックバンド「Sleepydog」を結成し、2006年に1stシングル「スタートライン」をリリース。

 

 

2008年に俳優に転向し、映画「デトロイト・メタル・シティ」でデビュー。

 

2009年の「臨場」でテレビドラマ初出演。

 

同年の「ツレがうつになりまして。」で連続ドラマ初出演。

 

2011年のNHKの朝ドラ「カーネーション」に抜擢される。

 

 

2012年の「タクのタクシー」でドラマ初主演。

 

以降も「半沢直樹」や「ラヴソング」、「小さな巨人」などの連続ドラマに出演。

 

 

2016年の「夢二」で映画初主演。

 

 

既婚者で一男一女の父。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 神港学園高校 偏差値40(容易・当時)

 

駿河太郎さんの出身校は、私立の男子校(当時)の神港学園高校です。

 

現在の同校は共学化して、進学クラスを設置するなどしていますが、当時はさほど進学率は高くありませんでした。

 

また同校は部活動が盛んなことで知られ、硬式野球部は強豪でたびたび甲子園に出場しています。

 

駿河さんは西宮市立大社中学校から同校に進学しています。

 

運動神経がよく、幼少期より水泳、サッカー、野球、バスケットボールなど様々なスポーツに取り組んでいます。

 

高校時代の夢はスタイリストになることでした。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:大阪芸術大学短期大学部 偏差値45(やや容易)

 

駿河太郎さんは高校卒業後は、大阪芸術大学短大に進学します。

 

当初はスタイリスト志望でしたが、短大時代に音楽に目覚めます。

 

そのため卒業後は、ロンドンに2年間の音楽留学をしています。

 

帰国後はソロ歌手としてメジャーデビューを果たしますが、セールスは鳴かず飛ばずでした。

 

その後もロックバンドを結成しますがこちらでも苦戦して、30歳になったことを契機に俳優に転向します。

 

俳優としては地味な役柄を中心にコツコツとキャリアを重ねると、多くの作品に起用され、連続ドラマにレギュラー出演するほどになりました。

 

父親はお笑い界の大御所の笑福亭鶴瓶さんですが、自らの力で中堅俳優としての地位を築いています。

 

苦労人だけあって、今後のさらなる飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ