桃井かおりの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

桃井かおり(ももい かおり)

 

 

195148日生

身長162

 

東京都出身の女優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は国際政治学者、母親は芸術家でデザイナー、兄2人と弟がいる。

 

1970年に文学座の研究生となり、1971年の映画「愛ふたたび」で女優デビュー。

 

同年の「花は花よめ」でテレビドラマ初出演。

 

1972年に文学座を退団。

 

1973年に1stシングル「六本木心中」で歌手デビュー。

 

 

1975年のドラマ「前略おふくろ様」でブレイク。

 

 

1977年の映画「幸福の黄色いハンカチ」で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。

 

 

1991年のオムニバス映画「ご挨拶」で映画監督デビュー。

 

2005年の「SAYURI」でハリウッド映画初出演。

 

 

2008年に紫綬褒章を受章。

 

20151月に事実婚状態だった年上の音楽プロデューサーと結婚。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 女子美術大学附属高校 偏差値53(普通)

 

桃井かおりさんの出身校は、私立の女子高の女子美術大学附属高校です。

 

3歳の時からクラシックバレエに取り組み、9歳の時に父親がロンドン大学に赴任したことから渡英して、中学生の頃にはイギリスのロイヤルバレエアカデミーに入団しています。

 

しかしレベルが高かったことや白人との容姿の差などから挫折。

 

帰国後は系列の女子美術大学附属中学校(偏差値52)に編入して、同校に内部進学しています。

 

高校時代は東京バレエ団に入団するとともに、陸上部にも在籍していました。

 

【主な卒業生】

賀来千香子(女優)

安田成美(女優・中退)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

桃井かおりさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、女優を目指しています。

 

高校を卒業した年に文学座の研究生となって、翌年には映画のヒロインも務めています。

 

ところが厳格な父親に映画出演がバレて勘当を言い渡されて女優業は休業して家出し、広島県の江田島の飲食店で住み込みで働いていました。

 

強硬手段に出ただけあって、4か月後に父親が折れて、無事に女優としても復帰することができました。

 

以降の活躍は目覚ましく、数えきれないほどのテレビドラマや映画に出演する人気女優の地位も築いています。

 

名うての演技派女優としても知られ、多くの作品で存在感を示してきました。

 

既に年齢は60代後半に突入していますが、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ