石坂浩二の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

石坂浩二(いしざか こうじ)

 

 

1941620日生

身長177㎝ 体重65kg

 

東京都出身の俳優、タレント

本名は武藤兵吉

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの兄で妹がいる。

 

1958年のテレビドラマ「お源のたましい」にエキストラとして出演。

 

1962年の「泣くなマックス」で連続ドラマ初出演。

 

1967年に浅利慶太にスカウトされて劇団四季に入団して演出を担当。

 

俳優との両立が困難になって同年に劇団四季を退団するが、1972年ごろまで脚本家としても活動。

 

1969年の大河ドラマ「天と地と」で主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「金田一耕助シリーズ」や「白い巨塔」、「やすらぎの郷」など。

 

 

タレントとしても活動しており、「世界まるごとHOWマッチ」や「開運!なんでも鑑定団」などにレギュラー出演。

 

 

私生活では1971年に女優の浅丘ルリ子と結婚したが、2000年に離婚。

 

 

2001年に一般人女性と再婚した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 慶応義塾高校 偏差値75(現在)

 

石坂浩二さんの出身校は、私立の男子校の慶応義塾高校です。

 

同校は神奈川県内でも屈指の難関校で、卒業生のほとんどは慶応義塾大学や他の難関大学に進学します。

 

石坂さんは大田区立田園調布小学校から慶応義塾普通部(偏差値69・現在)を経ての内部進学で、同校に進んでいます。

 

当時は偏差値の概念はない時代でしたが、難関校であったことは間違いありません

 

中学時代に友人と演劇部を立ち上げて、高校時代にはアマチュアの劇団を主宰するなど、行動力が光りました。

 

高校2年生の時にエキストラとしてドラマに初出演しますが、それが本格的に俳優としてのデビューにつながっています。

 

【主な卒業生】

岩田剛典(EXILE

櫻井翔(嵐)

小出恵介(俳優)

石原裕次郎(俳優)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:慶応義塾大学 法学部法律学科 偏差値70(現在)

 

石坂浩二さんは高校卒業後は、系列の慶応義塾大学に進学しています。

 

大学在学中も俳優として活動しており、複数のテレビドラマに出演して知名度が上がっていきます。

 

以降の活躍は周知の通りで、俳優としてもタレントや司会者としても、大きな成功を収めています。

 

既に年齢は70代後半に突入していますが、年齢を感じさせない若々しさで現在も第一線で活躍しています。

 

未だに高い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ