麻生祐未の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

麻生祐未(あそう ゆみ)

 

 

1963815日生

身長161

 

長崎県出身の女優

本名は奥村由美

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

叔母は歌手の奥村チヨ。

 

1983年に樹由美子名義で、映画「あいつとララバイ」で女優デビュー。

 

1984年に麻生祐未に改名して、グラビアデビュー。

 

同年に1stシングル「ドキュメント」で歌手デビュー。

 

 

その後「オールナイトフジ」の司会を務め注目され、1985年のカネボウ水着のキャンペーンガールに起用される。

 

 

1988年のドラマ「君が嘘をついた」では、ヒロインに抜擢される。

 

 

以降も「教師ビンビン物語2」や「武田信玄」、「海岸物語」などの連続ドラマに出演。

 

 

29歳の時に1年間のアメリカ留学などをして、数年間芸能活動を休止。

 

その後に女優に復帰して、数多くの作品に出演。

 

2004年に俳優の永澤俊矢と結婚し長男を出産したが、2008年に離婚した。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長崎西高校 偏差値67(難関)

 

麻生祐未さんの出身校は、県立の共学校の長崎西高校です。

 

同校は古くから県内でも屈指の進学校として知られ、東大や京大などの最難関大学に進学する生徒もいます。

 

麻生さんは長崎市立江平中学校から同校に進学しています。

 

子供の頃は極度の「あがり症」で、授業で先生に差された次の瞬間には保健室で寝ていたということもありました。

 

高校生の頃には地元でモデルデビューをしています。

 

当時から評判の美人であり、学校中の男子が麻生さんを一目見ようと鈴なりになって見に来たそうです。

 

【主な卒業生】

草野仁(アナウンサー)

長濱ねる(欅坂46・転出)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:青山学院大学 文学部二部英米文学科 偏差値40台(当時・容易)

 

麻生祐未さんは高校卒業後は、青山学院大学の二部(夜間部)に進学しています。

 

青山学院大学の二部は2011年に募集が停止となって、現在は廃止されています。

 

麻生さんは大学2年生の時に女優デビューを果たすと、翌年にはグラビアデビューも飾ります。

 

大学4年生の時には女性タレントの登竜門であるカネボウの水着のキャンペーンガールにも起用されます。

 

その後の活躍は周知の通りで、女優としてはこれまで数えきれないほどのテレビドラマや映画に出演をしています。

 

高い演技力を持ち、未だに根強い人気を誇っているだけに、今後の活躍にも大いに期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ