檀ふみの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

檀ふみ(だん ふみ)

 

 

195465日生

身長170

 

東京都出身の女優、タレント

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

父は作家の檀一雄で、兄はエッセイストの檀太郎。

 

1972年の映画「昭和任侠伝 破れ傘」で女優デビュー。

 

1973年からクイズ番組「連想ゲーム」のレギュラーとなり、全国区の人気を得る(1988年まで)。

 

 

1974年の「虚構の家」でテレビドラマ初出演。

 

1979年の「松本清張の犯罪広告」でドラマ初主演。

 

 

以降も多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「天皇の料理番」や「日本の面影」、「花燃ゆ」など。

 

 

「男はつらいよ」や「ウィーン物語」、「火宅の人」などの映画にも出演している。

 

 

テレビ番組の司会やナレーションを務めることも多い。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京教育大学附属高校 偏差値77(超難関)

※現在は筑波大学附属高校

 

檀ふみさんの出身校は、国立の共学校の東京教育大学附属高校です。

 

現在は筑波大学附属高校となっていますが、当時も今も都内ではトップレベルの進学校です。

 

檀さんは練馬区立光和小学校から東京学芸大学附属大泉中学校を経て、同校に進学しています。

 

小学校の頃から学業優秀でしたがスポーツも得意で、高校時代は水泳部の副キャプテンを務めるほどでした。

 

高校3年生の時に芸能界入りしており、女優デビューも果たしています。

 

 (高校時代)

 

【主な卒業生】

片山さつき(政治家)

鳩山邦夫(政治家)

野村萬斎(狂言師)

八田亜矢子(タレント)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:慶応義塾大学 経済学部 偏差値70(超難関)

 

檀ふみさんは高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て私立の名門大学の慶応義塾大学に進学しています。

 

大学1年生の頃からは代名詞となる「連想ゲーム」のレギュラー解答者にも起用されています。

 

ブレイクのきっかけとなった「連想ゲーム」には34歳まで出演しています。

 

以降は女優やタレントのほか、司会者やエッセイスト、声優など幅広い分野でマルチに活動を展開していきます。

 

現在でも幅広い層より根強い人気を得ていることから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ