藤本隆宏の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

藤本隆宏(ふじもと たかひろ)

 

 

1970721日生

身長183

 

福岡県出身の俳優、元競泳選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1988年に日本男子競泳史上最年少で、ソウルオリンピック200m・400m個人メドレーに出場。

 

1992年のバルセロナオリンピックでは、400m個人メドレーで8位入賞。

 

 

1995年に劇団四季のオーディションに合格して研究生になる。

 

1996年にアトランタオリンピックの出場権を逃して、競泳選手を引退。

 

1997年の劇団四季の舞台「ヴェニスの商人」で俳優デビュー。

 

1998年に劇団四季を退団し、以降は蜷川幸雄や野田秀樹らの舞台に出演。

 

2005年の「男たちの大和」で映画初出演。

 

2009年の「坂の上の雲」でテレビドラマ初出演。

 

 

以降は「JIN」や「花子とアン」、「真田丸」などの話題作の連続ドラマに出演。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:西日本短期大学附属高校 スポーツコース 偏差値37(かなり容易)

 

藤本隆宏さんの出身校は、私立の共学校の西日本短大附属高校です。

 

同校はスポーツが非常に盛んで、硬式野球部は甲子園で優勝経験もあります。

 

宗像市立日の里中学校から同校に進学しています。

 

藤本さんは小学校2年生の時に水泳をはじめて、中学生の頃には125000メートル泳ぐなど水泳漬けの日々を送っています。

 

高校時代には既に有名選手で、高校3年生の時には個人メドレーのオリンピック代表に選ばれるほどでした。

 

【主な卒業生】

新庄剛志(元プロ野球選手)

田中麗奈(女優)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 人間科学部 偏差値60(当時)

 

藤本隆宏さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学します。

 

一般受験ではなく、スポーツ推薦での進学です。

 

大学でも水泳部に入部すると、大学1年生の時に200mと400mの個人メドレーで日本新記録を樹立。

 

400mの記録は2000年にようやく破られるなど、当時としては驚異的な記録でした。

 

大学4年生の時に出場したバルセロナオリンピックでは、個人メドレーで日本人初の決勝に進出する活躍を見せます。

 

大学を卒業した年にオーストラリアに水泳留学しますが、そこでミュージカルの「レ・ミゼラブル」に出会って、俳優になることを決意しています。

 

その後は劇団四季を経て舞台などで活動しましたが、不遇の時代も続きました。

 

40歳を過ぎたあたりからテレビドラマへの起用が多くなり、最近では話題作の連続ドラマへレギュラー出演するほどです。

 

苦労人だけあって、今後のさらなる活躍も期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ