三山ひろしの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

三山ひろし(みやま ひろし)

 

 

1980917日生

 

 

高知県出身の演歌歌手

本名は恒石正彰(つねいし まさあき)

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄。

 

2005年から歌手を目指して、作曲家の中村典正の下で3年間修業。

 

20077月に日本クラウン主宰の新人オーディションで準グランプリを獲得。

 

2009年に1STシングル「人恋酒場」でデビュー。

 

 

2012年の5THシングル「男のうそ」がオリコン演歌チャートで1位となる。

 

 

2015年にNHK紅白歌合戦初出場。

 

 

20162月の8THシングル「四万十川」が、自己最高位のオリコン11位を記録。

 

 

けん玉3段の腕前で、ステージでも披露することがある。

 

 

私生活では師匠の中村典正の次女と2012年に結婚し、2人の子供がいる。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:高知県 山田高校 偏差値38(かなり容易)

 

三山ひろしさんの出身校は、県立の共学校の山田高校です。

 

小学生の時に両親が離婚して母子家庭に育ったことから、経済的にあまり恵まれていない家庭に育っています。

 

家計を助けるために中学1年生から新聞配達をはじめています。

 

子供の頃から歌うことが大好きで、中学生の頃には地元のカラオケ大会などでも歌っています。

 

高校2年生の時にはNHKののど自慢にも出場しています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

三山ひろしさんは高校卒業後は大学などに進学せず、地元のガソリンスタンドに就職しています。

 

演歌歌手になりたかったので歌のレッスンもはじめて、23歳の時に出場したNHKののど自慢ではチャンピオンに輝いています。

 

そして2004年の3月には、のど自慢のグランドチャンピオン大会にも出場しています。

 

これらで手応えを感じて、25歳の時に本格的に演歌歌手を目指すべく上京。

 

3年間の修行生活を送った後に、30歳にしてメジャーデビューを果たします。

 

いきなりデビュー曲がスマッシュヒットとなって注目されると、以降の楽曲もロングセラーとなって徐々に人気を獲得していきます。

 

35歳で悲願のNHK紅白歌合戦に初出場し、人気演歌歌手の仲間入りも果たしています。

 

「第二の北島三郎」として注目を集めていますので、今後の大きな飛躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ