長谷川博己の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

長谷川博己

 

%e9%95%b7%e8%b0%b7%e5%b7%9d%e5%8d%9a%e5%b7%b1

 

197737日生

182cm

 

東京都出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2001年に文学座附属演劇研究所に入所し、翌年の「BENT」で初舞台。

 

2006年の退団までに「モンテクリスト伯」などの舞台に出演。

 

2008年の「四つの嘘」でテレビドラマ初出演し、「BOSS」などの

話題作にも出演するが端役が多かった。

 

2010年のドラマ「セカンドバージン」の演技で注目され、

映画版で映画初出演を果たす。

 

 

2011年の「鈴木先生」でドラマ初主演。

 

 

その後は「家政婦のミタ」や「八重の桜」、「MOZU」などの

ドラマに重要な役で起用される。

 

2015年の「ラブ&ピース」で映画初主演。

 

 

2016年には映画「シン・ゴジラ」や複数のSPドラマで主演するなど、

出演作も急造している。

 

2012年まではコンスタントに舞台にも出演していたが、

最近は舞台での活動はしていない。

 

他にはナレーションなども務めている。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 八王子高校 偏差値65(難関)

 

長谷川博己さんの出身校は、私立の共学校の八王子高校。

 

古くからの多摩地区の進学校として知られ、難関大学に進学する卒業生も

多いことで知られています。

 

小学校の時から映画好きで、中学生の頃にはバスケットボール部にも

所属しています。

 

長谷川さんは中学受験をしていますが、出身中学校は不明です。

 

ネット上では桐朋中学校が有力のようですが、真偽は定かではありません。

 

なお八王子高校は現在は中高一貫校になっていますが、長谷川さんの在籍時

には中学校はありませんでした。

 

また長谷川さんの高校時代の情報はほとんどなく、本人もあまり多くを語らない模様です。

 

そんな長谷川さんですが、お父さんは著名な建築評論家の長谷川堯

(たかし)さんで、武蔵野美大の名誉教授を務めたほど。

 

またお父さんの仕事の関係で、小学校3年の一年間はイギリスで

過ごしています。

 

英語力も相当かと思いきや、本人曰く「微妙」とのこと。

 

【主な卒業生】

中島唱子(女優)

DJケミカル(ファンキーモンキーベイビーズ)

小川直也(柔道、プロレス)

 

学歴~出身大学 

 

出身大学:中央大学 文学部 偏差値58(中の上)

 

長谷川博己さんは高校卒業後は、中央大学の文学部に進学します。

 

大学時代などはフランスやスペインなどヨーロッパをわずか30万円ほどで

放浪したりと、アクティブに活動していたようです。

 

学生時代には役者になると決めており、同大を卒業しても

就職はしませんでした。

 

しかし希望した文学座になかなか合格せずに、24歳でようやく入所が

叶うことになります。

 

文学座でも苦労したらしく、念願だった座員になったのは29歳の頃。

 

しかし様々な仕事をして役者として成長したいと考えた長谷川さんは、

わずか8か月後に文学座を退団しています。

 

当初は知名度も低く端役が多かったのですが、やはりその確かな演技力で

俳優としても頭角を現します。

 

初の主演作が34歳と遅咲きながら、今では演技派俳優として

テレビに映画に引っ張りだこです。

 

本人の意識もかなり高いので、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ