東幹久の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

東幹久(あずま みきひさ)

 

 

1969812日生

身長183

 

東京都出身の俳優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの弟で8歳年上の姉がいる。

 

1988年にスカウトされて、映画「SO WHAT」で俳優デビュー。

 

同年10月の「君が嘘をついた」でドラマ初出演。

 

1989年の「星野仙一物語」でドラマ初主演。

 

 

「すてきな片想い」や「愛さずにいられない」、「素顔のままで」などの

トレンディドラマの出演で知名度が上昇。

 

 

1993年に高岡早紀と出演したアパガードのCMの「芸能人は歯が命」の

フレーズで人気急上昇。

 

 

1998年の「あばれブン屋」で映画初主演。

 

以降も数多くの作品に出演し、ドラマの代表作は「やまとなでしこ」や

「ごくせんシリーズ」、「どんど晴れ」など。

 

タレントとしも活動しており、「ワンダフル」や「笑っていいとも!」

などの番組のレギュラーを務めた。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 東洋高校(中退) 偏差値59(中の上・現在)

 

東幹久さんの出身校は、私立の男子校(当時)の東洋高校です。

 

現在の同校は共学化されて進学実績も上昇しましたが、東さんが在籍時は

現在ほどレベルは高くありませんでした。

 

渋谷区立松濤中学校から、同校に進学しています。

 

東さんは渋谷生まれの渋谷育ちで、小学生の頃には既にゲームセンターや

ビリヤードに通っていました。

 

高校時代はチーマーの一員で、かなり遊びこんでいたことで知られています。

 

そのため時期は不明ですが高校は中退してしまっており、以降は様々な職種

のアルバイトをしています。

 

そして19歳の時にスカウトされて芸能界入りを果たすと、端正なマスクで

すぐにトレンディドラマなどに起用され、人気を集めます。

 

さらに24歳の時に出演した歯磨きのCMが話題となって、

絶大な人気を博することになります。

 

以降もコンスタントにドラマや映画に出演して、31歳の時に出演した

「やまとなでしこ」では、三枚目を好演して俳優として新境地を切り開きました。

 

以前からタレントとしても活動しており、多くのバラエティー番組にも出演。

 

最近では趣味でもある競馬の番組に起用されるなど、多方面で活動しています。

 

根強い人もあるだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ