川本真琴の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

川本真琴

 

%e5%b7%9d%e6%9c%ac%e7%9c%9f%e7%90%b4

 

1974119日生

 

福井県出身のシンガーソングライター

本名は川本和代

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

1996年に「愛の才能」でデビューすると、「1/2」「DNA」「桜」

などのヒットを連発。

 

特に若い女性の支持を受け、ファーストアルバム「川本真琴」は

100万枚を超えるミリオンセラーとなった。

 

しかし2002年に所属レーベルのソニーと契約を解消し、

所属事務所も退社するとその後はインディーズを舞台に活動。

 

2013年に「僕らの音楽」で13年ぶりのテレビ出演となった際には、

話題となった。

 

2014年には「川本真琴Withゴロニャンズ」としても楽曲をリリース。

 

20162月現在までで、オリジナルアルバムは3枚しか発売しておらず

寡作のアーティストとしても知られる。

 

ユニークな歌詞と突飛な言動で知られ、ファンの間では「かわまこ」の愛称で

親しまれている。

 

現在もインディーズを中心にマイペースな音楽活動をしているが、

20162月に狩野英孝を巡って、加藤紗里との三角関係が報じられた。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福井県 仁愛女子学園高校 音楽科ピアノ科 偏差値49(普通)

 

川本真琴さんの出身校は福井県の私立の女子高・仁愛女子学園高校です。

 

北陸で唯一の音楽科を持つ高校として知られ、川本さんはピアノ科に在籍。

 

そのため川本さんも、高校時代にはクラシックなどの正統の楽曲などを

学んだようですね。

 

ちなみに現在ではこの仁愛女子学園高校が、福井県内で唯一の女子高

となっています。

 

ただし平成27年をもって、同校の音楽科は募集を停止しました。

 

【主な卒業生】

輝咲玲央(宝塚女優)

朝日奈蒼(宝塚女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:仁愛女子短期大学 音楽科ピアノ科 偏差値48(普通)

 

川本真琴さんは、母校の仁愛女子学園高校を卒業後は系列校の

仁愛女子短大に進学しました。

 

こちらも高校と同様に音楽科ピアノ科に進んでいますので、

やはりピアノは相当の腕前なのでしょう。

 

大ヒット曲「桜」などのPVでも、川本さんがピアノ演奏するシーンが

見ることができます。

 

音大出身の川本さんですが、卒業後に出場した

「ソニーミュージックSDオーディション」がきっかけとなって

メジャーデビューを掴みます。

 

%e5%b7%9d%e6%9c%ac

 

インディーズに活動の場を移して以降、露出がメッキリと減ってしまった川本さん。

 

しかし全盛期の楽曲はインパクトもありましたし、その独特な歌詞には

かなりの才能を感じたファンも少なくないはず。

 

現在はマイペースな活動をしていますが、今後にも期待です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ