成田緑夢の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

成田緑夢(なりた ぐりむ)

 

 

199421日生

身長172

 

大阪府出身のスノーボード選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人と姉がおり、長兄は成田童夢、姉は今井メロ。

 

 

小学生の頃からスノーボード選手として活躍し、国際大会にも出場。

 

2012年からフリースタイルスキーをはじめて、翌年の世界選手権に日本代表として出場。

 

 

20134月にトランポリンの練習中の事故で左足の腓骨神経麻痺の重傷を負う。

 

 

2017年に全日本障害者スノーボード選手権で優勝。

 

2018年の平昌パラリンピックのスノーボード日本代表に選出されて、スノーボードクロスで銅メダルを獲得。

 

 

同年に紫綬褒章を受章。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 上宮高校 偏差値5763

 

成田緑夢さんの出身校は、私立の男子校(当時)の上宮高校です。

 

同校は1890年開校の伝統校で、スポーツが盛んなことで知られています。

 

また開校以来男子校でしたが、2011年に共学化されています。

 

同校にはパワー(偏差値63)、英数(同62)、プレップ(同57)の3つのコースが設置されていますが、成田さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

大阪市立加賀屋小学校から大阪市立加賀屋中学校を経て、同校に進学しています。

 

なお同校へは一般受験での入学ではなく、スポーツ推薦での進学です。

 

成田さんは小学生の頃からスノーボードの選手として活躍していましたが、高校時代はトランポリンの選手としても活躍。

 

高校2年生の時には全国高校選手権で男子個人の歴代最高得点を挙げて優勝しています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

星田英利(お笑い芸人)

黒田博樹(元メジャーリーガー)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

成田緑夢さんは高校卒業後は、大学に進学していません。

 

高校を卒業した年の4月にトランポリンの練習中に大きな事故に遭って、左足の腓骨神経麻痺の重傷を負います。

 

しかし以降は障がい者スポーツに取り組んで、平昌パラリンピックではスノーボードで銅メダルを獲得するほどです。

 

スノーボード選手は引退をしましたが、今後は何らかの競技で東京パラリンピックを目指すと明言しています。

 

不屈の精神の持ち主なので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ