菅生新の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

菅生新(すごう あらた)

 

 

195988日生

 

高知県出身の実業家、経営コンサルタント

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

俳優の菅田将暉は息子。

 

 

当初は藤沢薬品工業(現在はアステラス製薬)に営業マンとして勤務して、トップの成績を挙げたこともある。

 

30代で独立して、経営コンサルタントとして活動。

 

主にベンチャー企業の顧問や研修のほか、講演や執筆活動もおこなっている。

 

 

ニュース番組「voice」のコメンテーターを担当し、大阪市立大学の非常勤講師も務める。

 

 

2018年に「ベストファーザー賞」を受賞。

 

「スゴー家の人々」などの著書もある。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 南海清風高校 偏差値70(超難関・現在)

 

菅生新さんの出身校は、私立の男子校(当時)の南海清風高校です。

 

同校は大阪府でも屈指の進学校として知られ、東大や京大などの難関大学に進学する卒業生も多数います。

 

菅生さんの在籍時は現在ほどのレベルではありませんでしたが、当時から進学校でした。

 

高校時代はブルース・リーに憧れて少林寺拳法部に入部しており、他にも剣道を習うなどしていました。

 

【主な卒業生】

貴志祐介(作家)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:同志社大学 法学部 偏差値60(やや難関)

 

菅生新さんは高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に進学しています。

 

大学時代には時代劇の役者として活動しており、「水戸黄門」や「大奥」などのテレビドラマに出演経験があるとのこと。

 

 

大学卒業後は製薬会社に入社していますが、1200人の営業社員の中でトップの営業成績を記録するほど仕事ができました。

 

経営コンサルタントに転身後も、テレビ出演や執筆活動など多岐にわたってマルチに活動しています。

 

息子で俳優の菅田将暉さん曰く、かなりの「出たがり父」とのこと。

 

とは言え、様々なジャンルで精力的に活動している人物だけに、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ