假屋崎省吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

假屋崎省吾(かりやざき しょうご)

 

 

19581217日生

身長170

 

東京都出身の華道家、タレント

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

妹がいる。

 

大学在学中からいけばなの草月流に入門し、家元の勅使河原宏に師事。

 

その後草月流のグループ企業の草月工房に入社して、草月流の評議員や本部講師などを歴任。

 

1992年に個人事務所を設立して、草月流のみならずブーケなども指導。

 

1998年のバラエティー番組「たけしの誰でもピカソ」で、テレビ番組初出演。

 

2000年頃から本格的にタレント活動を開始して、20034月から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務める(同年の9月まで)

 

2010年から「あさイチ」の準レギュラーを務める。

 

 

他にも「プレバト」などのバラエティー番組に出演。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 鷺宮高校 偏差値51(普通)

 

假屋崎省吾さんの出身校は、都立の共学校の鷺宮(さぎのみや)高校です。

 

同校は1912年開校の伝統校で、軽音楽部や書道部などの文科系の部活動が盛んなことで知られています。

 

假屋崎さんは練馬区立光和小学校から練馬区立石神井東中学校を経て、同校に進学しています。

 

子供の頃は内向的で、ひとりで遊ぶのが好きな少年でした。

 

また両親が園芸好きだったことから、当時から園芸に興味を持っています。

 

音楽好きでバイオリンとピアノを習っており、高校時代まではピアニストを目指してかなりの練習をしていましたが、最終的には挫折してしまっています。

 

 

【主な卒業生】

海江田万里(政治家)

寺門ジモン(ダチョウ楽部)

加藤史帆(欅坂46

齋藤冬優香(欅坂46

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 文学部 偏差値68(難関)

 

假屋崎省吾さんは高校卒業後は2年間の浪人生活を経て、明治大学の夜間部(文系)に入学します。

 

しかし大学生活が理想とは異なったことからすぐに中退して、翌年に早稲田大学に入学し直しています。

 

大学2年生の頃から草月流でいけばなを習いますが、卒業後はアパレル会社に就職します。

 

サラリーマン時代はとにかく多忙だったことから、改めて自分が花が好きだということを確信して、わずか3か月で会社を辞めています。

 

そして様々なアルバイトをしながらいけばなを学ぶと才能が開花します。

 

以降の活躍は周知の通りで、本業の華道家としてはもちろんのこと、タレントとしても高い人気を誇っています。

 

未だに精力的に活動を展開していることから、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ