米山隆一新潟県知事の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

米山隆一(よねやま りゅういち)

 

 

196798日生

 

新潟県出身の政治家

新潟県知事

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

19925月に医師免許を取得して医師としてのキャリアをスタート。

 

199710月に司法試験に合格し、後に弁護士としても登録。

 

2005年の衆議院議員選挙に自由民主党から出馬するも、田中真紀子に敗れる。

 

 

2012年の衆議院議員選挙では日本維新の会から出馬するも、またしても田中真紀子らに敗れて落選。

 

その後維新の党が民主党と合流して民進党所属となったが離党。

 

2016年の新潟知事選挙に無所属として立候補して、初当選を果たす。

 

 

20184月に「週刊文春」に女性問題が報じられ、新潟県知事の辞任の意向を示した。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 灘高校 偏差値78(超難関)

 

米山隆一さんの出身校は、私立の男子校の灘高校です。

 

同校は日本屈指の進学校として知られ、卒業生の半数は東京大学に進学します。

 

地元の湯之谷村立井ノ口小学校から新潟教育大学附属中学校(偏差値60)を経て、越境入学で同校に進学しています。

 

実家は養豚農家を営んでおり、幼い時から家業の農業を手伝いながら、「人の役に直接立てる仕事をしたい」と考えていました。

 

もともとの名前は「愛甲隆一」でしたが、中学生の頃に父親が母親の実家に婿養子に入ったため、姓が変わっています。

 

子供の頃から外で遊ぶよりも本を読むのが好きな少年でしたが、小学生の頃は生徒数が少なかったことから、春と秋は陸上部、夏は水泳部、冬はノルディックスキー部に所属していました。

 

高校生の頃に人助けになることを理由に、医師を目指すことを決意しています。

 

【主な卒業生】

遠藤周作(作家)

中島らも(作家)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:東京大学 医学部 偏差値76(超難関)

 

米山隆一さんは高校卒業後は、東京大学に進学しています。

 

在籍した東大医学部は日本の医学部の最高峰に位置して、際立った学力のある者しか入学できません。

 

また医師として活動する傍ら、当時はかなりの難関で知られた司法試験も受かっており、ずば抜けた頭脳を持っていることは明らかです。

 

医師として14年間活動後に政治家に転身し、衆議院議員選挙に2度出馬しましたが、いずれも無念の落選を経験しています。

 

その後に新潟知事選挙に出馬して当選しましたが、1期目の任期途中で女性問題が報道されました。

 

知事を辞任する意向との報道もなされていますが、今後の動向に注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ