デーブスペクターの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

デーブ・スペクター

 

 

195455日生

身長170

 

イリノイ州シカゴ出身のタレント、テレビプロデューサー

本名はデビッド・スペクター

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

幼少期は子役として活動し、ケロッグのコーンフレークのCMなどに出演。

 

 

1980年代後半から「デーブ・雄三・スペクター」の芸名で放送作家として活動し、「笑っていいとも!」や「ひらけ!ポンキッキ」などを構成。

 

1990年代初頭からタレントとして活動をはじめ、ワイドショーなどにコメンテーターとして出演。

 

 

「とくダネ!」や「ミヤネ屋」、「サンデージャポン」などに出演。

 

俳優としても「奇兵隊」や「裸の大将放浪記」、「13歳のハローワーク」などのテレビドラマに出演。

 

 

私生活では1981年に京子夫人と結婚。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:シカゴ レイン工業高校 難易度不明

 

デーブ・スペクターさんの出身校は、レイン工業高校です。

 

フレメネン・エレメンタリースクール(小学校)からレモイン・ジュニアハイスクール(中学校)を経て、同校に進学しています。

 

小学校5年生の時に日本からの転校生と仲良くなって、日本に興味を持ちはじめています。

 

その後は日本人補習校で日本語を学び、アメリカ人にも関わらず卒業生総代を務めたほどでした。

 

中学生の頃はシカゴの在米日本人学生を対象にして日本語弁論大会に2年連続で優勝するなど、既に当時から日本語はネイティブレベルにありました。

 

それらに加えて剣道を習って、初段を取得しています。

 

高校は工業高校で、電子工学などを学んでいます。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:シカゴ放送学校 難易度不明

 

デーブ・スペクターは高校卒業後は、来日して上智大学1年半留学しています。

 

外国人向けに開設されていたコースに在籍したようで、上智大学を卒業しているわけではないようです。

 

留学中は学業の合間を縫って、天地真理さんなどのアイドルの追っかけをしていました。

 

帰国後にシカゴ放送学校に入学して卒業しています。

 

その後はABCの番組プロデューサーとして勤務して、特派員として再来日も果たしています。

 

1980年代後半からは拠点を日本に移して、放送作家、構成作家として活動を開始。

 

流ちょうな日本語を操れることから、その後にタレントに転向するとワイドショーなどに引っ張りだことなります。

 

当時はちょっとした外国人タレントのブームがありましたが、デーブ・スペクターさんは現在まで第一線で活躍している数少ない外国人タレントです。

 

未だに高い人気を誇っていますので、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ