本橋麻里の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

本橋麻里(もとはし まり)

 

 

1986610日生

身長160㎝ 体重56kg

 

北海道出身のカーリング選手

ロコ・ソラーレ(LS北見)所属

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がいる。

 

12歳でカーリングをはじめる。

 

マリリンズに所属していた2002年に全日本ジュニアカーリング選手権で優勝し、世界ジュニアカーリング選手権にも出場。

 

2003年に河西建設女子チームに加入し、2004年には世界カーリング女子選手権にも出場。

 

2005年にチーム青森に加入して、2006年のトリノオリンピックでは最年少の19歳で出場。

 

 

2010年のバンクーバーオリンピックに出場後にチーム青森を脱退して、地元の北見市・常呂町を拠点とするチーム「ロコ・ソラーレ」(LS北見)を設立。

 

ƒ 

2016年の3月の世界選手権では日本勢初となる銀メダルを獲得。

 

 

20179月に中部電力を下して、平昌オリンピックの出場権を獲得。

 

 

私生活では2012年に一般人男性と結婚し、2015年に長男を出産。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:北海道 常呂高校 偏差値41(容易)

 

本橋麻里さんの出身校は、道立の共学校の常呂(ところ)高校です。

 

常呂町(現在は北見市)はカーリングのメッカだけあって、同校も多くのカーリングの日本代表選手を輩出しています。

 

常呂町立常呂中学校(現在は北見市立)から同校に進学しています。

 

本橋さんは小学校6年生の時にカーリングをはじめていますが、以降はメキメキと頭角を現します。

 

中学3年生の時には全日本ジュニアを制して、世界ジュニア選手権にも出場。

 

高校時代も世界カーリング女子選手権にも出場するなど、活躍をしています。

 

高校3年生の2月には、後にトリノオリンピックに出場することになるチーム青森に招集されています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:青森明の星短期大学 子ども福祉未来学部 偏差値35(かなり容易)

 

出身大学:日本体育大学 体育学部体育学科 偏差値45(容易)

 

本橋麻里さんは高校卒業後は、青森明の星短期大学に入学しています。

 

高校3年生の2月にチーム青森に参加したことから、進学先も青森県内の短大になりました。

 

短大時代はカーリング競技史上最年少の19歳で、トリノオリンピックに出場しています。

 

短大卒業後は競技をしながら、21歳でAO入試によって日本体育大学に進学して卒業しています。

 

24歳の時に地元である北見市・常呂町が拠点のチーム「ロコ・ソラーレ」の設立に尽力し、スポンサー集めなどにも奔走しています。

 

その甲斐あってチームは世界選手権で銀メダル獲得の快挙を果たします。

 

平昌オリンピックではリザーブでの参加ですが、長らく日本のカーリング界をけん引してきた人物だけに、その存在感にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ