笛木優子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

笛木優子(ふえき ゆうこ)

 

001

 

1979621日生

身長164

 

東京都出身の女優

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の姉。

 

東京パフォーマンスドールに研修生として在籍後、2000年のドラマ

「天気予報の恋人」で女優デビュー。

 

2001年の「ホタル」で映画初出演。

 

同年から韓国に拠点を移し、ユミンの芸名で「オールイン」や

「ガラスの華」などの人気ドラマに出演。

 

002

 

2006年に再び拠点を日本に移し、連続ドラマ「アテンションプリーズ」に出演。

 

「小児救命」や「ハンチョウ」などの連続ドラマの出演を経て、

2011年の「さくら心中」で連続ドラマ初主演。

 

以降も「お天気お姉さん」や「残念な夫。」、「ドクターカー」などの

話題作の連続ドラマに出演。

 

2009年の大作韓国ドラマ「IRIS」などに出演し、韓国での活動も継続している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京文化高校 偏差値50(普通)

※現在は新渡戸文化高校

 

笛木優子さんの出身校は、私立の女子校の東京文化高校です。

 

2010年から校名が新渡戸文化高校に変更になりました。

 

笛木さんは中野区立中野北中学校から同校に進学しています。

 

高校時代はバスケットボール部に所属しており、スポーツは得意のようです。

 

ただし高校2年生の時にスカウトされて芸能事務所入りしたため、

レッスンなどを受けることになりバスケットボール部は退部しています。

 

【主な卒業生】

イルカ(歌手)

熊谷真実(女優)

松田美由紀(女優)

豊田エリー(タレント・転校)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:玉川学園女子短期大学 偏差値48(当時)

※現在は閉校

 

笛木優子さんは高校卒業後は、玉川学園女子短大に進学しています。

 

同短大は幼稚園の教員育成で実績がありましたが、

2004年に廃止となっています。

 

笛木さんは22歳だった2001年に拠点を韓国に移して、ソウルにある

梨花(イファ)女子大学校の韓国語課程に入学して、韓国語を学んでいます。

 

さらにその後は、ソウルの漢陽(ハニャン)大学校の言論情報学部に

入学して卒業しています。

 

漢陽大学校は最上級レベルのソウル大学校などに次ぐ上級レベルの私立大学で、

日本ではMARCH(明治、青山、立教、中央、法政)あたりのイメージです。

 

いずれにしてもまったく韓国語が話せなかったにも関わらず韓国に渡り、

人気女優となった笛木さんの努力や向学心は相当のものでしょう。

 

現在は再び日本に拠点を置いて活動していますが、

多くの連続ドラマやSPドラマに起用されています。

 

安定した演技力にも定評がありますので、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ