田中将大の学歴|出身小中学校や高校の偏差値と経歴

 

田中将大(たなか まさひろ)

 

 

1988111日生

身長190㎝ 体重97.5kg

 

兵庫県出身のプロ野球選手

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄。

 

2006年のドラフト会議で、楽天ゴールデンイーグルスから1位指名を受けて入団。

 

 

2007年にプロ1年目からいきなり二けた勝利(11勝)を挙げる。

 

2009年のWBCの日本代表メンバーに選出されて、優勝を経験。

 

2011年に19勝を挙げて最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得。

 

2013年には240敗の驚異的な成績を記録。

 

 

同年のオフにポスティングでニューヨーク・ヤンキースに移籍。

 

 

MLBでも毎年二けた勝利を挙げるなど、エース級の投手として活躍。

 

私生活では2012年にタレントの里田まいと結婚し、2016年に長男が誕生している。

 

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:駒沢大学附属苫小牧高校 体育コース 偏差値39(かなり容易)

 

田中将大さんの出身校は、私立の共学校の駒沢大学附属苫小牧高校です。

 

同校は部活動が盛んで、硬式野球部やスケート部が強豪として知られています。

 

オリンピックスケートの銅メダリストで、参議院議員を務める橋本聖子さんも同校のOGです。

 

田中さんは兵庫県の伊丹市立昆陽里小学校から伊丹市立松崎中学校を経て、同校に野球留学の形で進学しています。

 

同校では2年生の夏に甲子園に出場して、優勝の原動力となっています。

 

3年生の夏の甲子園もエースとして出場しましたが、斎藤佑樹選手との投げ合いに敗れて準優勝となっています。

 

 

高校時代から「怪物」と呼ばれるほどの逸材でしたが、プロ野球でも1年目から結果を残します。

 

在籍した楽天ゴールデンイーグルスでは絶対的エースとして君臨し、1シーズンで24勝を挙げるなどチーム初の日本一にも貢献。

 

当時の日本円で182億円もの金額でメジャーリーグのヤンキースに移籍しましたが、MLBでも期待通りの活躍を収めています。

 

移籍1年目には左ひじ靭帯の部分断裂という重傷を負いましたが、以降は肘の状態と相談しながらも良績を出し続けています。

 

年俸も20億円を超えており、MLBを代表する投手のひとりとなっていますから、初タイトルなどにも期待がかかります。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ