桑子真帆アナの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

桑子真帆(くわこ まほ)

 

 

1987530日生

身長158

血液型はA型

 

神奈川県出身のアナウンサー

NHK所属

 

以下では桑子真帆さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2010年にアナウンサーとしてNHKに入局し、同期には大成安代や田中泉アナらがいる。 

当初はNHK長野放送局に3年間、次にNHK広島放送局に2年間配属となった後に、東京アナウンス室に異動。

20134月から「おはよう広島」のキャスターを務める(20152月まで) 

同年から子供向けバラエティー番組「ワラッチャオ!」の初代お姉さんを務める。 

20153月から「NHKニュース7」のサブキャスターを担当。 

同年4月からバラエティー番組「ブラタモリ」のアシスタントを務める(20164月まで)

201712月にNHK紅白歌合戦の総合司会に抜擢。 

私生活では20175月にフジテレビアナウンサーの谷岡慎一と結婚したが、2018年5月に離婚した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:東京外国語大学 ロシア東欧過程 偏差値65(難関)

 

 

桑子真帆さんは高校卒業後は、国立の東京外語大学に進学します。

 

大学ではロシア東欧過程に在籍して、チェコ語を専攻しています。

 

 

また「ブラジル研究会」というサークルに入会し、ブラジル音楽のバンドにも加入して、サックスや打楽器を担当しています。

 

サークルではサンバもおこなったとのことですが、当時はさほど目立つ存在ではなかったとのこと。

 

当時から鉄道旅行が好きで、友達とたびたび旅行に行っていたそうです。

 

 

加えて大学時代の桑子さんは、金髪のショートだったことをインタビューで明らかにしています。

 

「私は大学時代はショートの金髪で、前髪だけ赤くして超チャラチャラしていました」

 

当時の画像がないのが残念ですが、現在の桑子さんのイメージとはだいぶかけ離れていた大学時代だったようです。

 

また大学時代にNHKの「クローズアップ現代」に出演していた国谷裕子さんに憧れてアナウンサーを目指しています。

 

ただしアナウンサー試験を受けたのはNHKだけで、就職活動の際にはマスコミ以外の企業も受けています。

 

「就職活動はマスコミ以外がメインだった私ですが、「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターに憧れてNHKだけは挑戦してみました」

 

そのため大学時代にはNHKでアルバイトもしていました。

 

NHK入局後は長野放送局や広島放送局を歴任。

 

 

NHK入局後はさほど目立った存在ではありませんでしたが、2015年に東京アナウンス室に異動となってからは全国ネットの番組への出演も急増。

 

BSの子供向け番組「ワラッチャオ!」では初代お姉さんを務め、様々なコスプレで話題になりました。

 

 

また「ブラタモリ」などの看板番組に出演して、現在では同局の人気女子アナウンサーのひとりとなっています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

出身校:東京都 鴎友学園女子高校 偏差値67(難関・推定)

 

 

桑子真帆さんの出身校は、私立の女子高の鴎友(おうゆう)学園女子高校です。

 

この高校は1935年開校の女子校で、かつての偏差値は30台で都内でも底辺校として知られていましたが、1990年代後半から急激に進学実績を伸ばして、現在では難関女子校として知られています。

 

同校は高校からの募集のない完全中高一貫校なので、偏差値も推定となります。

 

桑子さんも系列の鴎友学園女子中学校(偏差値70)からの内部進学です。

 

中学校や高校ではブラスバンド部に所属していました。

 

ただし桑子さんのそれ以外の中学・高校時代の情報は乏しく、高校生活の詳細などは不明です。

 

【主な卒業生】

岡江久美子(女優)

小沢真珠(女優)

伍代夏子(歌手)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:不明

 

桑子真帆さんの出身小学校は不明です。

 

出身の鴎友学園には系列の小学校の設置はないので公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族のようです。

 

小学校時代から国谷裕子さんに憧れていたことをインタビューで話しています。

 

ただし桑子さんの幼少期や小学校時代の情報やエピソードなどはほとんど見当たりませんでした。

 

 

以上が桑子真帆さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

28歳の時にNHK東京アナウンス室に異動後は、同局の人気番組に起用されて知名度も一気に上昇しました。

 

 

また人気もジワジワと上昇して、現在では「好きな女子アナランキング」ではTOP10に入るほどです。

 

加えてこのところは毎年のようにNHKの退局やフリー転身が噂されているほど注目を集めています。

 

人気はもちろんのこと、アナウンサーとしての実力も高く評価されているだけに、今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ