ローラの学歴|出身高校中学校の偏差値と高校時代や経歴

人気タレント・ファッションモデルのローラさんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りします。明るいキャラクターとは裏腹に学生時代には経済的に恵まれておらず苦労人でした。そんなローラさんの学生時代のエピソードなども併せてご紹介します

 

ローラ

 

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9

 

1990330日生

身長165cm

血液型はO型

 

東京都出身のタレント、モデル

本名は佐藤えり

 

以下ではローラーさんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

17歳:2007年からファッション誌「Popteen」の読者モデルとして好評を博し、翌年からは「ViVi」の専属モデルとなる。 

モデルとしては東京ガールズコレクションに2009年から2013年まで出演。 

20歳:2010年のバラエティー番組「しゃべくり007」の出演をきっかけにタレントとして活動し、ため口キャラが人気となり翌年には200本の番組に出演する人気タレントとなる。 

22歳:20124月からは「笑っていいとも!」のレギュラーとなる。 

22歳:2012年には1stシングル「Memories」をリリースして歌手デビューし、同年の連続ドラマ「ATARU」で女優デビュー。

26歳:201612月公開のハリウッド映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」に出演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 府中東高校 偏差値47(やや容易)

 

 

ローラさんの出身校は都立の共学校の府中東高校です。

 

この高校は1972年開校の中堅都立校で、サッカー部が都内では強豪として知られています。

 

ローラさんの高校時代は父親の商売もうまくいっておらず、なり生活が苦しかったといいます。

 

 

そのためローラさんは高校時代からホームセンターなどでアルバイトをして家計を助けています。

 

またアルバイトをしたことがきっかけで人と接することが好きになったとインタビューで答えています。

 

「高校生になって、家のことも支えなきゃと思ってアルバイトを始めたんだけど、それはひとつの転機だった気がする。人と接することがさらに好きになったの。老若男女、いろんな人がお店に来て、そういう人たちとかかわれることが楽しくて、そこから一気に大人になっていったのかな~って」

 

後述しますが中学時代までは日本語が得意でなかったローラさんでしたが、アルバイトをしていた頃には「ペラペラ」になっています。

 

2013年にローラさんはホームセンターのアルバイト先を訪問し、かつての同僚と再会したことを公式ブログで報告していました。

 

 

その際には次のように綴っています。

 

「うれしくて涙がとまらなかった。みんな大好き」

 

また高校時代に渋谷でスカウトされて、モデルとしての活動も開始しています。

 

さらに高校3年生の時には人気ファッション誌「Popteen」の読者モデルに起用されています。

 

 

 

当時はギャルメイクをしていたローラさんですが、この雑誌で同じくモデルを務めていた益若つばささんらと共に読者の支持を集めて、徐々に登場ページも増えていきます。

 

(益若つばさと)

 

読者モデルをはじめた当時のことを、ローラさんは次のように振り返っています。

 

「最初は“ここで生き残っていこう”と思っていたわけじゃなく、楽しいなっていう気持ちが一番だった。だけど、私って『一度これをやる!』と決めると、いいモノが出来上がるまで頑張りたいと思う性格で。だから、撮影した写真も必ず自分で見るし、『ダメだな……』と思うたびに悔しくて泣いて、毎月毎月がドキドキというか」

 

またモデル活動で得たお金はほぼ全額を家族の生活費に回していたといいますから、かなりの親孝行ですね。

 

派手なイメージがあるローラさんですがかなりの苦労をしていますし、当時から非常に礼儀正しかったと言います。

 

ただし高校時代は勉強にはあまり打ち込めなかったと話しており、部活動などもおこなっていませんでした。

 

ローラさんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業直後の4月にはファッション誌「ViVi」の専属モデルに起用されて、本格的にファッションモデルとしての活動を開始しています。

 

(ViViデビュー号)

 

当時の「ViVi」にはトリンドル玲奈さんや玉城ティナさん、藤井リナさんらの人気専属モデルがいましたが、ローラさんは瞬く間に同誌の人気モデルとなって、何度も表紙を飾っています。

 

 

またその翌年からは、「渋谷ガールズコレクション」や「東京ガールズコレクション」、「ガールズアワード」などのランウェイに起用されており、人気モデルとなっていきました。

 

ƒ

そして20歳の時に同じ「ViVi」の専属モデルだった藤井リナさんや大石参月さんとともにバラエティー番組「しゃべくり007」へ出演すると、そのキャラクターが注目ました。

 

 

そして以降はその天真爛漫な性格と誰にも物怖じしないタメ口キャラクターが視聴者を魅了して、タレントとして大ブレイクを果たして数々のバラエティ番組にレギュラー出演しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 多摩市立東愛宕中学校 偏差値なし

 

 

ローラさんの出身中学校は、多摩市内の公立校の東愛宕(ひがしあたご)中学校です。

 

後述するようにローラさんは小学校時代をバングラディシュのアメリカンスクールに通学していますが、中学時代も1年間バングラディシュに留学経験があります。

 

(中学時代・左)

 

またそのためか日本語が苦手な面があり、中学2年生の頃から日本語の勉強を頑張ったと話しています。

 

中学2年の時に、友達にすごく一生懸命説明したのに『ちょっと何を言ってるのか分からなかった』って言われたのがすごくショックで、そこからかなり頑張って中3の頃には普通に会話も出来てたと思う

 

中学時代からおしゃれに目覚めたことをインタビューで話しています。

 

「中学生くらいからおしゃれは意識していたの。髪を染めたり、巻いたり、制服ではあえて男子校のネクタイをリボンの代わりにつけて、おしゃれをしてみたよ」

 

なお詳細は後述しますが、ローラさんは中学校時代も幼い弟と妹に食事をさせたり、おしめを替えるなどの面倒を見ており、「本当によくやっていた」と当時を知る人たちは語っています。

 

そしてローラさんの当時の夢は、ファッションモデルや芸能人ではなくスチュワーデスになって世界を回ることでした。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:多摩市立西愛宕小学校

※2016年3月に閉校

 

ローラさんの出身小学校は、多摩市内の公立校の西愛宕小学校です。

 

幼少期に両親が離婚して、バングラディシュ人の父親に引き取られています。

 

 

また父親が後に中国人女性と再婚したため、継母に育てられています。

 

家族構成は父親と継母、ローラさんと双子の弟、双子のきょうだい(弟と妹)の6人家族です。

 

「ローラ」という名前は大ヒットしたアメリカのホームドラマ「大草原の小さな家」の主人公のローラ・インガルスにちなんでいます。

 

ローラさんは日本で生まれてすぐにバングラディシュに移住し、6歳の時に日本に戻りますが、後に再びバングラディシュに移住。

 

9歳の時に日本に戻ってきて、以降は日本に在住しています。

 

 

ローラさんはバングラディシュ時代は現地の小学校に通学しています。

 

小学校2年生の時に日本の小学校に編入した際には、ローラさんはまったく日本語は話せない状態でした。

 

「6歳の時にベンガル語しか話せない状態で初めて日本に来て、言葉が何も分からないまま小学2年生として学校に入ったの。だから、会話はジェスチャーで乗り切る。そんな感じだったのを覚えてるけど、不思議なことにまったく嫌な思い出はなくて、コミュニケーションを取れなくてすごく大変だったという記憶がひとつもないの。楽しかった!という記憶だけ」

 

ローラさんは当時から活発な少女で、毎日ザリガニ獲りやどじょうすくいをしたり、神社に行って遊んだりしていました。

 

 

ただし当時は父親の事業がかなり危うく、一家6人と継母の両親の8人で、国立市内の木造アパートの一室で過ごしています。

 

また父親は仕事で家にほとんどいなかったため、家では中国語が飛び交っており、ローラさんはまったくわからなかったことから、当時は「家の中でも常に緊張していた」と話しています。

 

ようやく片言ながら日本語を話せるようになった小学校4年生の時に再びバングラディシュに戻っていますが、当時のことを次のように振り返っています。

 

「今度はベンガル語を忘れてしまってて、現地の英語学校に入ったんだけど、英語の勉強も初めてだから、意味をバングラデシュ語で説明されてもわからなくて、結局その時覚えたのは発音だけだったの。あとは、ずっと美味しいフルーツ食べて、日本に戻ってきた。そんな記憶なの(笑)」

 

その後にローラさんは日本に戻ってきますが、父親の収入が不安定で、6人暮らしの大家族だったことから、この時も生活は苦しかったことを明らかにしています。

 

当時は継母の両親と離れて家族6人で多摩市内の団地に住んでいましたが、両親が共働きだったことから幼いきょうだいの面倒は、すべてローラさんが請け負っています。

 

また継母とは衝突することが多かったと言われていますが、その際に父親は常にローラさんをかばっており、そのために父親とは深い絆で結ばれています。

 

また小学生時代は日本語も満足に話せずに、肌の色も違っていましたが、一度もイジメに遭ったこともなく、むしろ温かい人たちに囲まれたことに感謝していると話しています。

 

 

また2018年に数年前に実の母親と25年ぶりに再会して和解したことを明らかにしています。

 

2、3年前に産みのママに会ったの。それ以来、私が忙しいときは自宅に来て助けてくれたりしてるの。25年ぶりに会ったのに、すごく話しやすくてオープンにもなれて、これが本当のママなんだって泣きそうになるくらい感動した

 

以上がローラさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ファッションモデルとして人気者になった後にタレントに転身すると、タメ口キャラなどが大いにウケて瞬く間に人気タレントとなりました。

 

 

また歌手や女優としても活動し、近年はハリウッド映画「バイオハザード」に出演して本格的に女優としても活動するなど、新境地を見せています。

 

 

さらに自身が恵まれない幼少期を過ごしたことから、仲のいい漫談家の綾小路きみまろさんは次のように話しています。

 

「小さいころローラは裕福ではなかったので、友達が持っているものを自分だけ持っていないとか悔しい思いをしたこともあったらしい。だから将来、恵まれない人たちに何か教えてあげられるような施設、学校を作りたいと話していた」

 

タメ口キャラで売り出されたことから「生意気」とか「性格が悪い」と言われることもあるローラさんですが、素顔はとてもやさしく思いやりのある娘です。

 

父親が詐欺容疑で逮捕されたこともありましたが、被害額もローラさんが肩代わりしました。

 

前記のように苦労人で親孝行のローラさんには、末永く活躍してほしいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ