大谷亮平の学歴|大学高校と中学校の偏差値やバレーボール歴と経歴

 

大谷亮平(おおたに りょうへい)

 

 

1980101日生

身長180

 

大阪府吹田市出身の俳優、モデル

本名は大谷慶彦(よしひこ)

 

以下では大谷亮平さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、姉と妹がいる。

 

当初はモデルとして活動するも、2003年に韓国で出演したダンキンドーナツのCMが話題となり、韓国に活動拠点を移す。

 

 

2006年の韓国ドラマ「ソウルメイト」で俳優デビューし、「ヒーロー」や「追跡者」などのドラマに出演。

 

 

「神弓」や「バトル・オーシャン海上決戦」などの韓国映画にも出演。

 

 

2016年の「ラヴソング」で日本のテレビドラマに初出演。

 

同年の「逃げるは恥だが役に立つ」で連続ドラマ初出演。

 

 

2017年のネット配信ドラマ「チェイス」でドラマ初主演。

 

 

他にも「奪い愛、冬」や「ラブリラン」、「まんぷく」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:不明(都内の大学)

 

大谷亮平さんは高校卒業後は大学に進学しますが、進学先の大学は不明です。

 

バレーボールの特待生として大学に進学しており、大学時代もバレーボール部に所属しています(途中で退部した可能性もあり)。

 

当初は情報が錯綜して関西大学や近畿大学などもインターネット上に挙がっていましたが、バラエティー番組のインタービューで本人が都内の大学に通っていたと述べています。

 

またインターネットを精査したところ、大谷さんの出身大学を関東学連に所属する亜細亜大学とする情報もありましたが、確証は得られませんでした。

 

大学時代のものではありませんが、大谷さんが実際にバレーボールをやっている動画がありました。

 

 

動画は韓国時代のもので、既にバレーボールを辞めていたころのものですが、軽々とジャンピングサーブを決めるところはすごいですね。

 

また大学時代はバレーボールのプロになることは諦めており、そのため体育教師になることも検討していました。

 

しかしどうもしっくりこなかったので別の世界にチャレンジしようと思ってモデルをはじめますが、すぐに韓国から声がかかりました。

 

渡韓当初は韓国語はまったく話せなかったことから延世大学校に半年ほど通学して韓国語を学んだようですが、正確には延世大学校の朝鮮語の教育機関である延世大学校・韓国語学堂で学んだようです。

 

韓国ではCMでブレイクし、以降は人気作のテレビドラマや映画に起用されることになり、トータルで12年間も韓国で活動しています。

 

逆輸入の形で日本でも活動を開始すると、竹野内豊さん似の端正なマスクで「第2のディーン・フジオカ」などと呼ばれて注目されます。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 清風高校 偏差値6267(コース不明のため)

 

 

大谷亮平さんの出身校は、私立の男子校の清風高校です。

 

同校は進学校でありながらスポーツも盛んで、テニス部や陸上部が全国的な強豪として知られています。

 

また同校は理Ⅲが偏差値71、理数が同67、文理が同62と複数のコースがありますが、理Ⅲは清風中学校からの6カ年コースに限られるので、高校から同校に進学した大谷さんは理数か文理のコースに在籍していました。

 

ただし同校は一般受験での入学ではなく、バレーボールによるスポーツ推薦での進学です。

 

また中学時代はエースアタッカーとして活躍した大谷さんですが、高校になると軒並み190㎝以上の選手が現れたため、アタッカーとしては限界を感じて(身長は180㎝)、セッターに転向しています。

 

高校ではキャプテンを務めて、大阪選抜チームの一員として国体にも出場しています(国体では3回戦負け)。

 

ただし「春高バレー」などの高校バレーの大会で、全国大会に出場はしていないようです。

 

高校まではバレーボール一筋の生活を送っており、友達と遊んだこともほとんどなかったほど。

 

中学生の頃は自分が一番うまいと思ってプロのバレーボール選手を目指していましたが、高校時代はバレーボール選手としては身長が低かったことから、プロは難しいかなと考えはじめています。

 

また後にバラエティー番組「人生最高のレストラン」に出演した際には、高校時代にバレーボール部で禁止されていた「買い食い」を破り、高校の近所のパン屋で隠れてパンを食べていたことを語っています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

松波健太(政治家)

池谷幸雄(タレント、元体操選手)

本並健治(サッカー元日本代表)

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:吹田市立西山田中学校

 

 

大谷亮平さんの出身中学校は公立校の吹田市立西山田中学校です。

 

出身小学校は不明ですが、同校の校区からは吹田市立西山田小学校か吹田市立山田第三小学校が有力となります。

 

小学校4年生の時にバレーボールをはじめており、小学生時代はバレーボールに熱心に取り組んでいます。

 

 

中学進学後もバレーボール部に入部して、中学3年生の頃には大阪府の大会で優勝して、北大阪の選抜チームにも選ばれるほどの実力でした。

 

当時のポジションはエースアタッカーでした。

 

 

以上が大谷亮平さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

韓国で売れっ子になった後に日本に拠点を移しましたが、初めて出演した連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、日本でもブレイクをします。

 

またこのところは花王の「サクセス」やサントリーの「プレミアムモルツ」のCMやNHKの朝ドラ「まんぷく」などにも起用されるほどです。

 

今後も多くの作品に出演することも予想されますので、大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ