大和田伸也の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

大和田伸也(おおわだ しんや)

 

 

19471025日生

身長175

 

福井県出身の俳優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で姉と弟がおり、弟は俳優の大和田獏。

 

1965年に劇団自由舞台に入団し、1968年に劇団四季に入団。

 

 

1970年の「樅ノ木は残った」でテレビドラマ初出演。

 

1972年のNHKの朝ドラ「藍より青く」で、ヒロインの相手役を務めて知名度が大幅に上昇。

 

 

1977年の主演作「犬神の悪霊」で映画初出演。

 

 

1978年からテレビドラマ「水戸黄門」に出演し、演じた渥美格之進役は当たり役となる(1983年まで)。

 

 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「踊る大捜査線シリーズ」や「キッズ・ウォーシリーズ」、「みこん六姉妹シリーズなど」。

 

 

妻は女優の五大路子で、長男は俳優の大和田悠太、次男も俳優の大和田健介。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福井県 敦賀高校普通科 偏差値55(中の上・現在)

 

大和田伸也さんの出身校は、県立の共学校の敦賀高校です。

 

同校は1906年開校の伝統校で、敦賀市内の高校ではもっとも進学実績が高いことで知られています。

 

大和田さんの実家は敦賀市の名門財閥の大和田財閥で、戦前には地元で大和田銀行を経営するなどしていましたが、戦後の財閥解体で多くを失っています。

 

小中学時代から勉強をしなくともトップクラスの成績を残したことで、「神童」と呼ばれています。

 

高校時代はバスケットボール部に所属する傍ら、生徒会長を務めるなど、典型的な優等生でした。

 

高校時代に観た舞台に感動して俳優を志し、自主映画も制作しています。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:早稲田大学 第一文学部(中退) 偏差値65(現在)

※現在は文学部

 

大和田伸也さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

当時の早稲田大学は演劇が盛んだったことから、芝居をやるなら早稲田だと考えて同大に進学しています。

 

大学進学と同時に学生劇団の「自由舞台」に入団し、舞台俳優としてデビュー。

 

その後に旗揚げしたばかりの劇団四季が給料が出ると聞いて入団しています。

 

劇団四季には3年半ほど在籍して退団し、以降はテレビドラマを中心に活動していきました。

 

NHKの朝ドラや「水戸黄門」などの出演で不動の人気を獲得し、数多くの作品に出演。

 

2人の息子も俳優としてデビューしており、父親としてもまだまだ負けられないところです。

 

今後も末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ