加瀬亮の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

加瀬亮(かせ りょう)

 

加瀬

 

1974119日生

身長174

 

神奈川県出身の俳優

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は総合商社・双日会長の加瀬豊で、生後間もなく渡米して7歳までアメリカのワシントン州で育つ。

 

浅野忠信に憧れて所属事務所に手紙を送り、1998年から所属し付き人を務める。

 

2000年の映画「五条霊戦記」で俳優デビューし、翌年の「学校の怪談」でドラマ初出演。

 

「壬生義士伝」や「アカルイミライ」などの映画の出演を経て、2003年の「アンテナ」で映画初主演。

 

 

2007年の「哀しい予感」で舞台初出演。

 

その後も「スクラップヘブン」や「それでもボクはやってない」、「重力ピエロ」などの映画で主演。

 

 

2009年の「ありふれた奇跡」で連続ドラマ初主演。

 

 

以降も「アウトレイジ ビヨンド」や「はじまりのみち」、「海街Diary」などの話題作の映画に出演している。

 

また海外の映画に出演することも多い。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 松陽高校 偏差値59(中の上)

 

加瀬亮さんの出身校は、県立の共学校の松陽高校です。

 

出身中学校は横浜市内の公立中学校のようですが、校名などの特定はできませんでした。

 

加瀬さんは帰国子女で物心ついた頃からアメリカに住んでいたので、帰国後は日本語がうまくしゃべれず「火星人」と冷やかされてイジメにも遭いました。

 

しかし中学、高校と進んでいくうちに友達もできて、普通の学生生活も送ることができたと語っています。

 

中学時代は剣道部に所属していましたが、高校時代の情報はほとんどなく詳細は不明です。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:中央大学 商学部(中退) 偏差値58(中の上)

 

加瀬亮さんは高校卒業後は、中央大学の商学部に進学します。

 

大学時代はボードセーリング部に所属する傍ら、先輩の出演している舞台を見て役者を志すようになります。

 

大学3年生の時には演技を学びはじめ、卒業が近くなる頃に父親に役者の道に進みたいと申し出ました。

 

しかし当時双日の社長を務めていた父親は当然大学卒業後は自分の会社に入社するものだと思っていたので、大反対をすることになります。

 

結局、わずか1単位を残して大学も中退して退路を断って、役者の道に進みました。

 

俳優となってからも実家とは絶縁状態が続き、裕福な家庭にも関わらず、下積み時代は経済的にも困窮します。

 

しかしそれにも関わらずキャリアを重ね、現在では指折りの演技派俳優として高い人気を博します。

 

まさに諦めずに自分の努力で夢を実現したことは立派ですし、かなりの根性もあるようです。

 

現在も映画を中心に第一線で活躍している加瀬さんの今後にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ