小栗旬の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

小栗旬

 

%e5%b0%8f%e6%a0%97

 

19821226日生

184cm

 

東京都出身の俳優

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

12歳の時に事務所のオーディションに合格し、エキストラとして

活動を開始。

 

翌年のテレビドラマ「木曜の怪談」でドラマデビュー。

 

NHKの大河ドラマ「八代将軍吉宗」や「秀吉」、連続ドラマ

「勝利の女神」などに子役として出演。

 

1998年「GTO」に初めてレギュラー出演し、同年の「COLOR」で

舞台デビュー。

 

2000年のドラマ「Summer Snow」の演技で注目される。

 

2002年「羊のうた」で映画初主演。

 

2003年に蜷川幸雄の舞台「ハムレット」に出演し、

2009年の「ムサシ」まで蜷川作品に出演した。

 

その後も「ごくせん」や「救命病棟24時」、「電車男」などの

人気作に出演する。

 

2007年の「花より男子2リターンズ」でブレイクし、

一躍人気俳優となる。

 

翌年の「貧乏男子ボンビーメン」で連続ドラマ初主演。

 

その後も「クローズ」や「宇宙兄弟」「ルパン三世」

「銀魂」などの映画や「信長協奏曲」などのドラマに主演。

 

私生活では2012年にモデルで女優の山田優と結婚し、

201410月に女児が誕生した。

 

父は舞台監督の小栗哲家、兄は元俳優の小栗了

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京 明星学園高校(中退) 偏差値59(中の上)

 

小栗旬さんの母校は東京の三鷹市にある私立の共学校明星学園

(みょうじょうがくえん)です。

 

同じく東京の府中にある明星学園(めいせいがくえん)とは違います。

 

小栗さんは同校入学後は野球部に所属しています。

 

%e5%b0%8f%e6%a0%97%e3%80%80%e9%87%8e%e7%90%83%e9%83%a8

 

しかし小学生の頃から子役として活動し、高校時代には既に

ドラマや映画、舞台に出演しており、多忙のため1年間休学しています。

 

それでも芸能活動との両立は難しく、結局は中退しています。

 

けっこうなレベルの高校だっただけに、もったいないような気もしますが、

高校時代には既に非常に厳しい演技指導で知られた演出家の蜷川幸雄さんの

舞台などにも出演していますから、やむを得なかったようです。

 

意外なことに当時の小栗さんは内向的だったそうですが、

既に14歳の時に「ハリウッドに行く」との明確な夢を持っていました。

 

キャリアの割にはブレイクしたのはやや遅かったですが、

確かな演技力でも知られており、今後のいっそうの飛躍も期待です。

 

【明星学園の主な卒業生】

加賀まりこ(女優)

土屋アンナ(女優)

宮崎あおい(女優)

中村獅童(歌舞伎役者)

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ