淵上泰史の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

淵上泰史(ふちかみ やすし)

 

 

1984430日生

身長176

 

和歌山県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2011年の映画「軽蔑」で俳優デビュー。

 

同年の「生まれる」でテレビドラマ初出演。

 

2014年の連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」

への出演で注目される。

 

 

以降は「ファーストクラス」や「恋愛時代」、

「恋がヘタでも生きてます」などの話題作の

連続ドラマにレギュラー出演。

 

「共喰い」や「花宵道中」、「マエストロ!」などの

映画にも出演。

 

2015年の「ア・フュー・グッドマン」で舞台初出演。

 

2017年の「ダブルミンツ」で映画初主演。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:不明

 

淵上泰史さんの出身高校は不明です。

 

幼少期からサッカーが得意で15歳で地元の和歌山県新宮市を離れ、

ガンバ大阪のユースチームに入団。

 

大阪の高校に通学していたと思われますが、現時点では校名などは

判明していません。

 

ガンバ大阪ユースでは、1年下にJリーガーの丹羽大輝選手、

2年下に日本代表にも選出されたことがある家長昭博選手が

在籍しておりチームメイトでした。

 

しかしユースでは最終的にトップチームには昇格できませんでした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:流通経済大学 偏差値3537(学部不明のため)

 

淵上泰史さんは高校卒業後は、流通経済大学に進学しています。

 

一般入試ではなくサッカーによるスポーツ推薦と思われます。

 

同大のサッカー部は名門として知られ多くのJリーガーを

輩出していますが、淵上さんもサッカー部に所属しています。

 

大学の卒業までプロのサッカー選手を目指して練習に励んで

いましたが、結局はJリーグなどから声はかかりませんでした。

 

サッカーを断念してかなり落ち込んだそうですが、

その後は祖父の後押しもあって俳優を目指すことを決断しています。

 

26歳での遅めのデビューとなりましたが、その後は順調に

キャリアを重ねて多くのドラマや映画に出演。

 

最近では人気の連続ドラマに主要キャストとして

起用されていますし、主演作の映画も製作されました。

 

さらに演技力を磨けば俳優としてブレイクする可能性もあり、

今後の大きな飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ