浅田美代子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 浅田美代子(あさだ みよこ)

 

 

1956215日生

身長157

 

東京都出身のタレント、女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

高校2年生だった1972年に、ドラマ「時間ですよ」の

新人オーディションに合格して芸能界入り。

 

1973年に「時間ですよ」の出演をきっかけに大ブレイク。

 

 

同年に劇中歌の「赤い風船」でアイドル歌手デビューし、

日本レコード大賞新人賞を受賞。

 

 

1974年の「あした輝く」で映画初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は

「寺内貫太郎一家」や「新選組!」。

 

映画「釣りバカ日誌シリーズ」の2代目浜崎みち子役は

当たり役になった。

 

タレントとしても明石家さんまの番組を中心に、

多くのバラエティー番組に出演している。

 

私生活では1977年に吉田拓郎と結婚して芸能界を引退したが、

1983年に離婚し芸能活動も再開。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京女学館高校(中退) 偏差値不明

 

浅田美代子さんが入学したのは、私立の女子校の東京女学館高校です。

 

現在の同校は偏差値が62程度とされますが当時は不明で、

現在よりも低かったと推測されます。

 

浅田さんは系列の東京女学館中学校から同校に内部進学しています。

 

高校2年生の時にオーディションに合格して芸能界入りをしますが、

同校は古くからのお嬢様学校で芸能活動は一切禁じられていました。

 

そのため芸能活動をするために高校は中退しています。

 

在学中はテニス部と美術部に所属してアクティブに活動しています。

 

同校は男女交際も一切禁止していましたが、高校在学時に

交際していた男子生徒がいたり、ディスコで遊んでみたりと、

真面目一辺倒ではなかったようです。

 

17歳で当時国民的な人気を誇っていたドラマ「時間ですよ」で

デビューを果たすと、すぐにブレイクして人気アイドルの

仲間入りを果たします。

 

結婚を機に一時的に芸能界から引退しましたが、活動再開後は

女優として数え切れないほどの作品に出演しています。

 

現在では主演作こそ少なくなりましたが、人気の連続ドラマで

主要キャストに起用されるなど、相変わらず根強い人気を誇っています。

 

タレントとしても人気を集めているので、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ