梅沢富美男の学歴と経歴|出身中学校や高校の偏差値

 

梅沢富美男(うめざわ とみお)

 

 

1950119日生

身長169㎝ 体重72kg

 

福島県出身の俳優、歌手、タレント

本名は池田富美男

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は大衆演劇のスターだった梅沢清で8人きょうだいの五男。

 

幼少期から父親の一座で活躍しており、15歳だった1975年に

女形に転身。

 

 

女形の美しさが評判となり、「下町の玉三郎」と呼ばれる。

 

1982年にリリースした1STシングル「夢芝居」は大ヒットして、

翌年のNHK紅白歌合戦にも出場。

 

 

1982年の「淋しいのはお前だけじゃない」でテレビドラマに初出演し、

「必殺仕事人」などにも出演。

 

 

1999年の「修羅がゆく9」で映画初出演。

 

2000年の「恐妻家探偵の事件帖」でドラマ初主演。

 

タレントとしても多くのバラエティー番組に出演している。

 

妻との間に二女がいる。

 

学歴~出身中学・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福島高校(中退) 偏差値68(難関)

 

梅沢富美男さんが入学したのは、県立の共学校の福島高校です。

 

同校は今も昔も福島県内では最難関校として知られ、

政財界に多くの人材を輩出している伝統校です。

 

梅沢さんは群馬県の前橋市立第四中学校から

同校に進学しています。

 

中学生の頃は野球部に所属して活躍し、当初は高校へ進学しても

甲子園を目指すつもりでした。

 

 

しかし当時は大衆演劇の人気は低迷しており、実家の経済的事情は

かなり苦しかったことから、早い時期に高校は中退しています。

 

当時も同校は県内で最難関の高校ですから、梅沢さんは運動神経も

いいばかりか、高い学力を備えた「文武両道」のタイプであったことが

窺えます。

 

その後は兄が引き継いでいた梅沢劇団の活動に専念すると、

女形としてブレイクし、一座のスターになったばかりか、

苦しかった劇団の経営さえも好転することになります。

 

32歳の時に歌手デビューして、「夢芝居」が大ヒット。

 

以降は俳優、歌手、タレントとして様々なジャンルで

活躍しています。

 

最近ではタレント活動が中心になっていますが、

多くのバラエティー番組や情報番組に引っ張りだこの

売れっ子です。

 

その一方で梅沢劇団の座長として全国公演を敢行するなど、

現在でも俳優としても精力的に活動をしています。

 

未だに根強いファンも多いことから、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ