濱田岳の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

人気演技派俳優の濱田岳さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。濱田さんはいったんは子役としての活動を休止していますが、高校時代に再び俳優の道を選んでいました

 

濱田岳(はまだ がく)

 

濱田岳

 

1988年6月28日生

身長160㎝

血液型はA型

 

東京都出身の俳優

本名同じ

 

以下では濱田岳さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードのなどをご紹介していきます。




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

9歳の時に野球観戦した帰りにスカウトされ、翌年のテレビドラマ「ひとりぼっちの君へ」で子役デビュー。

 

 

中学生の時にいったん芸能活動を休止するが、2004年「3年B組金八先生」の出演をきっかけに再び本格的な俳優を目指す。

 

2008年の主演映画「アヒルと鴨のコインロッカー」で、高崎映画祭主演男優賞を受賞。

 

 

2011年「ピースボート」で連ドラ初主演。

 

 

その後「信長協奏曲」「釣りバカ日誌」や「宇宙兄弟」「永遠の0」などの話題のドラマや映画に出演。

 

 

演技力の高い若手俳優として注目されている。

 

私生活では2011年に9歳年上のモデル小泉深雪と結婚し、2012年1月に長女が誕生する。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 獨協高校(中退) 偏差値65(難関)

 

濱田岳さんの出身校は私立の男子校で完全中高一貫校の獨協高校です。

 

高校での募集はないことから、偏差値は推定となります。

 

進学校として知られ系列に獨協大学がありますが、卒業生の多くは難関国公立や私立大学に進学します。

 

濱田岳さんは芸能活動を休止していた獨協中学校(偏差値63)時代から高校時代にかけては、ラグビー部で活躍していました。

 

子供の頃からスポーツが得意で、小学生時代の夢はプロ野球選手でした。

 

学生時代は非常にまじめな性格だったことで知られています。

 

高校中退の理由は明らかにしていないものの、通学していた進学校の獨協高校は芸能活動の優先などは認めていませんから、芸能活動を優先した上の中退でしょう。

 

実際に高校1年生に出演した「3年B組金八先生」で俳優業を再開しており、この作品は濱田さんにとっても大きな転機となった作品です。

 

濱田さんが高校を中退したのは16歳で1年生の時でしたから、かなりシビアな選択となったはずです。

 

【主な卒業生】

SAM(TRF)

Ryo(ケツメイシ)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

濱田岳さんは高校中退で大学には進学していないものの、難関の進学校で知られる獨協高校出身ですから、本人が希望すれば大学進学できたほどの頭脳の持ち主であることは、容易に想像できますね。

 

進学校に進みながらも、高校1年生の時に中退して俳優としての道を選んだ濱田さん。

 

非常に大きな決断で相当悩んだはずでしょうが、このところの活躍ぶりを思えば、判断は正解だったと言えますね。

 

スポンサードリンク






ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ