香川照之の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

香川照之(かがわ てるゆき)

 

 

1965127日生

身長171

 

東京都出身の俳優、歌舞伎役者

九代目市川中車

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母親は女優の浜木綿子。

 

1989年のドラマ「春日局」で俳優デビュー。

 

 

1994年の「病院なんか怖くない」で映画初出演。

 

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は

「アンフェア」や「龍馬伝」、「MOZU」など。

 

OUT」や「北の零年」、「カイジ」などの映画にも出演している。

 

2009年の映画「剱岳」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

 

2011年に九代目市川中車を襲名し、歌舞伎界に進出。

 

 

私生活では1995年に元JALCAの女性と結婚して長男をもうけるも、

2016年に離婚。

 

学歴~出身中学校高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 暁星高校 偏差値69(推定・難関)

 

香川照之さんの出身校は、私立の男子校の暁星(ぎょうせい)高校です。

 

同校は帰国子女枠以外は高校での募集はない完全中高一貫校のため、

偏差値も推定になります。

 

また同校は歌舞伎役者のOBが多いことで知られ、中村吉右衛門さんや

市川染五郎さん、市川猿之助さんらも同校の卒業生です。

 

香川さんは小学生の頃から暁星学園一筋で、

暁星中学校(偏差値69)からの内部進学です。

 

学生時代は一貫して部活動やクラブ活動をやっておらず、

コンスタントに勉強をしていました。

 

わずか1歳の時に父親が家を出て、以降は母子家庭に育ったことから、

早く母親を安心させたく必死に勉強をしたとのことです。

 

そのため小中高時代を通じて、学校ではトップクラスの成績でした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東京大学 文学部 偏差値72(超難関)

 

香川照之さんは高校卒業後は、東京大学に進学します。

 

確執のあった父親の市川猿扇さんが慶応大学出身だったことから、

とにかく「慶応よりもいい大学」を目指して、東大に入学しています。

 

大学では社会心理学を専攻しており、大学の同期には

タレントの林修さんもいました(林さんは法学部)

 

 

大学進学後は、特にやりたい仕事がなかったことから、

消去法で俳優を目指しています。

 

ドラマの初出演が24歳で下積み生活も長く続きましたが、

30歳を超えてから「演技派」として広く認知されることになり、

以降は多くの作品に出演しています。

 

また40歳を過ぎてからは歌舞伎界にも進出しており、

その他にもボクシング解説者などとしても活動。

 

既に年齢は50代に突入していますが未だに多方面で

精力的な活動を展開しており、今後にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ