伊藤ゆみ(ICONIQ)の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

伊藤ゆみ(いとう ゆみ)

 

 

1984825日生

身長163

 

鳥取県出身の歌手、女優

本名は李亞由美

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は在日韓国人二世で、母親は韓国人。

 

2001年に韓国のアイドルグループ「Sugar」のメンバー

アユミとして韓国でデビュー。

 

 

グループは韓国で人気アイドルグループとなり、2004年に

日本進出を果たすが、目立ったヒットはなく2006年に解散。

 

2008年に芸名を「伊藤ゆみ」に変更して、日本を拠点にして

女優として活動。

 

同年の「貧乏男子」でドラマデビューして、「音女OTOME」や

「四つの嘘」などにも出演。

 

2009年の「約束の地」で映画初主演。

 

2009年に「ICONIQ」名義で歌手として再デビューして、

アルバム「CHANGE MYSELF」がオリコン3位のヒットして

2010年の日本レコード大賞新人賞を受賞。

 

 

2016年に芸名を再び「伊藤ゆみ」に戻して、連続ドラマ

「コードブルー」などに出演。

 

学歴~出身小中学校

 

伊藤ゆみさんの出身小学校は、地元の鳥取市立湖山小学校です。

 

出身中学校も地元の鳥取市立湖東中学校に進学しています。

 

なお両校ともに無試験で入学できる公立校なので、

偏差値はありません。

 

中学2年生の時に母親と韓国旅行に行った際、

ソウルで韓国の芸能事務所にスカウトされています。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:韓国のインターナショナルスクール(校名等不明)

 

伊藤ゆみさんは中学校卒業後は、韓国のインターナショナルスクールに

入学しています。

 

中学生の時に韓国の芸能事務所にスカウトされていますが、

父親に「韓国語が話せない」との理由で反対されます。

 

しかしアイドルへの憧れから渡韓して、韓国芸能界入りをしています。

 

高校時代はインターナショナルスクールに通学する傍ら、

寮生活をしてレッスンを受ける毎日でした。

 

レッスンはハードで毎朝校庭を30周のランニングをして、

学校帰りにはダンスやボイストレーニングを受けています。

 

また体重管理も厳しく、満足に食事を食べられなかったこともあって、

銀杏を拾って食べたとも告白しています。

 

しかし努力の甲斐もあって、17歳の時にはアイドルグループ

Suger」としてデビューを果たしました。

 

また本人によれば18歳の時の韓国でのギャラは「数億円」

だったと語っています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

伊藤ゆみさんは高校卒業後は大学などに進学せず、

芸能活動に専念しています。

 

所属していた「Suger」は当時の韓国で絶大な人気を誇り、

20歳だった2004年には日本に進出します。

 

ところが日本では思うような人気を得られずに、

伊藤さんもソロ曲をリリースしますが不発に終わります。

 

しかし25歳だった2009年にベイビーショートのICONIQとして

イメチェンを図ると、CMなどで注目され、歌手としても

レコード大賞新人賞を受賞するほど人気を博します。

 

現在は再び伊藤ゆみ名義に戻り、女優を中心に活動していますが、

何かと話題になることが多い人物なので注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ