今田耕司の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

今田耕司(いまだ こうじ)

 

 

1966313日生

身長174

 

大阪府出身のお笑いタレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の末っ子。

 

1985年に吉本総合芸能学院(NSC)に第4期生として入学し、

同期にはほんこんや板尾創路らがいる。

 

同年からほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成するも、

1986年に解散。

 

 

1989年から吉本新喜劇に出演。

 

1990年に東京に進出して、ダウンタウンの「ごっつええ感じ」などに

出演して、全国区の人気を得る。

 

 

また東野幸治とWコウジとして司会などで活動。

 

1995年の「今田耕司のシブヤ系うらりんご」で初の冠番組を持つ。

 

以降は多くの番組に出演し、「深イイ話」や「なんでも鑑定団」、

「アナザースカイ」などにレギュラー出演。

 

俳優としても「彼と彼女の事情」や「いつかまた逢える」、

「下町ロケット」などの連続ドラマに出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:三重県 日生学園第一高校(中退) 偏差値40(容易)

※後に清風高校定時制に編入して卒業

 

今田耕司さんの出身校は、私立の男子校(当時)の日生学園第一高校です。

 

大阪市立夕陽丘中学校から同校に進学しています。

 

現在は男女共学の桜丘高校となっていますが、当時の同校は

全寮制のスパルタ教育で知られていました。

 

毎朝4時半に起床し、2キロのマラソンをしなければならず、

放課後も10キロのマラソンが日課になっていました。

 

また便器を素手で洗ったり、校外への外出は月一度の帰宅以外は禁止、

甘いものやお菓子は禁止で外から戻ってきたら身体検査が

義務付けられているなど、かなりのスパルタぶりでした。

 

今田さんは「監獄のような学校だった」と言っており、

あまりの厳しさに耐えかねて最終的には脱走によって

同校を中退しています。

 

その後は大阪府にある私立の清風高校の定時制に編入して

卒業しています。

 

 

【日生学園第一高校の主な卒業生】

浜田雅功(ダウンタウン)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

今田耕司さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

NSCに入校しています。

 

NSCで同期のほんこんさんとお笑いコンビを結成しますが、

すぐに解散してピン芸人となります。

 

その後に高校の先輩だったダウンタウンの浜田雅功さんを

頼って上京すると、ダウンタウンの人気番組に積極的に

起用されて、全国的な知名度を得ることになります。

 

その後の活躍は周知の通りで、多くのバラエティー番組に出演して、

MCなどを務める売れっ子になりました。

 

現在もテレビで見ない日はないほどの人気を誇っていますから、

今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ