松山英樹の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

松山英樹(まつやま ひでき)

 

 

1992225日生

身長181㎝ 体重90kg

 

愛媛県出身のプロゴルファー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、姉と妹がいる。

 

2010年のアジアアマチュア選手権で日本人として初優勝。

 

2011年のVISA太平洋マスターズでは、アマチュアとして

史上3人目のツアー優勝。

 

同時に史上最速で2億円プレーヤーとなる。

 

20134月にプロに転向し、プロ転向2戦目の

つるやオープンゴルフで優勝。

 

2014年に年間4勝を挙げて初の賞金王。

 

2014年のメモリアルトーナメントでPGAツアー初優勝。

 

 

以降も20178月のブリヂストン招待までPGAツアー

5勝を挙げている。

 

学歴~出身小中学校

 

松山英樹さんの出身小学校は、出身地である

愛媛県松山市立雄郡(ゆうぐん)小学校です。

 

松山さんはゴルフ好きの父親の影響で4歳からクラブを握り、

小学生の頃もゴルフに熱中。

 

 

小学校4年生の時に父親が中四国オープンに出場した時は、

キャディーを務めています。

 

中学校も地元の松山市立雄新(ゆうしん)中学校に進学しますが、

中学2年生の時にさらなるレベルアップのために、

ゴルフの名門である高知県の私立明徳義塾中学校(偏差値51)に

転校しています。

 

ただし中学生の頃まではまだ身長が低いせいもあって、

目立った成績は残していません。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:高知県 明徳義塾高校 偏差値42(容易)

 

松山英樹さんは高校卒業後は、系列の私立の共学校の

明徳義塾高校に内部進学しています。

 

同校は部活動が盛んで、硬式野球部やゴルフ部、

卓球部や剣道部が全国的な強豪として知られています。

 

松山さんもゴルフ部に所属して、高校時代はゴルフ中心の

生活をしています。

 

高校2年生の時に全国高校ゴルフ選手権に優勝するなど

頭角を現していましたが、当時は同学年の石川遼選手

高校生ながらツアー優勝を果たしたことから、

完全に石川選手の影に隠れていました。

 

ただし当時のゴルフ部の監督によれば、松山さんは

ゴルフ部員史上最高の練習量を誇っていたとのこと。

 

やはりその後の才能の開花には、想像を絶する努力が

あったようです。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東北福祉大学 偏差値3545(学部不明のため)

 

松山英樹さんは高校卒業後は、ゴルフの名門大学である

東北福祉大学に進学しています。

 

一般入試ではなく、スポーツ推薦での進学です。

 

大学1年生でアジアアマチュア選手権で優勝して、

いきなり脚光を浴びることになります。

 

さらに大学2年生の時にはツアー優勝を飾り、3年生では

世界アマチュアランキングで日本人初の1位となるなど、

大学時代に大きく飛躍しています。

 

大学4年生の時にプロに転向しますが、それを見越して

学業にもしっかりと打ち込んでおり、3年生までで

100単位以上を取得して、卒業を確実にしてからの転向です。

 

これらを見ても、松山選手は才能面だけではなく、

かなりの努力家であることが窺えるはず。

 

現在ではPGAツアーなどで世界のトップ選手相手に戦っていますが、

次々と金字塔を打ち立てるなど、日本人選手としては傑出した

成績を残しています。

 

今後もメジャー初制覇など、大きな飛躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ